Apple、同期に関する特許訴訟で第2審もサムスンに敗訴ー知的財産高裁

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:27

Apple、同期に関する特許訴訟で第2審もサムスンに敗訴ー知的財産高裁

Photo By Ashish Pandey
Appleが特許を侵害されたとして、サムスンに対し1億円の損害賠償を求めて訴えを起こしましたが、第1審に続き、第2審でもサムスンに特許の侵害は認められないとしてAppleの訴えを退けました。

同期技術が使われているサムスンのソフトウェア危険なスパイウェア!?

NHKによると、知的財産高裁はAppleとサムスンが同期に利用している仕組みは異なっており、サムスンの特許侵害は認められないとの判断を下したとのこと。
2審の判決で知的財産高等裁判所の塩月秀平裁判長は「データを識別する両社の仕組みは異なっている」と判断して、サムスンによる特許権の侵害を認めず、1審に続いてアップル敗訴を言い渡しました。

引用元:知的財産高裁 “同期”アップル敗訴 NHKニュース

この訴訟で争点となっている同期技術が用いられているのは「Samsung Kies」というソフトウェアで、PCとスマートフォンの楽曲を同期させたり、スマートフォンをPCでアップデートさせたりといったことができるわけですが、同意もしていないソフトウェアをインストールするなど、危険視されているソフトウェアでもあるので安易にインストールしない方が良さそうです。
Samsung Kies のアプリが酷すぎる件 – Windows 2000 Blog

ちなみに、今回の訴訟とは異なるUIに関する訴訟においてはAppleが第1審で勝訴しており、今後、サムスンに求めていた賠償額の1億円を大幅に拡大させると見られています。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています