bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhoneによる感電死の原因はやはり非正規の充電器だったようです。

ニュース
iPhoneによる感電死の原因はやはり非正規の充電器だったようです。Photo By Alan Levine
充電しながらiPhoneを利用していた女性が感電死するといった事故が今月中旬に中国で起きたわけですが、ようやく感電死の原因が明らかになりました。

格安の非正規充電器の利用は避けるようにしましよう

サーチナによると、女性が感電死した原因は非正規の充電器にあったことが警察の調べでわかったとのこと。
月11日、中国で客室乗務員の女性がiPhoneを充電しながら通話した際に感電死する事故が発生したが、警察側の調査によれば、感電の原因はiPhoneではなく、非正規の「パクリ充電器」にであることがわかった。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

引用元:iPhone感電死を引き起こした充電器が日本にも流入=中国 2013/07/25(木) 15:46:38 [サーチナ]

事件が発生した当初は女性はiPhoneを購入したばかりで正規の充電器を使っていたと報じられていましたが、やはり非正規のものだったようです。

事件が発生したのが中国であり、人事のように思えてしまうわけですが、怖いのはこういった中国産の非正規な充電器が日本でも販売されているということです。非正規な充電器は100円ショップやオンラインショップなどで格安で販売されているため、安いからといって飛びつくのではなく、製造地を確認して購入するようにしましょう。

また、中国で利用されているコンセントの規格は多岐に渡り、主流で使われているのは日本とは異なるようなので、旅行した時などは現地で購入することも多いかと思いますが、きちんとメーカー純正の正規なものを購入するようにしましょう。

メーカー純正のものでも信用はできない?

さらにサーチナは別の記事で中国のメーカーが製造した充電器のほとんどが安全基準を満たしておらず、リチウム電池や携帯電話本体にも問題が見つかったと伝えています。
北京市工商局が先日発表した通信機材の品質にかんするモニタリング調査報告で、国内のメーカー14社がそれぞれ生産した14種類の携帯電話充電器が安全性にリスクがあるとして不合格になったと伝えた。また、14種類のうち半数以上にのぼる9種類が、広東省深セン市の企業が生産したものであったことを紹介した。

さらに、リチウム電池や携帯電話本体でも不合格製品が26種類見つかり、うち22種類が深セン市で生産されたものであったことも伝えた。

引用元:そりゃ感電するさ…14メーカーの充電器が品質不合格=中国 2013/07/26(金) 11:52:42 [サーチナ]

メーカー純正の正規なものであっても基準を満たしていないものがあるということで、グローバルに展開しているようなAppleやソニーなど本当に信頼のおけるメーカーのものでない限り中国で携帯電話やスマートフォンを使うのは控えたほうがいいのかもしれませんね・・・。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2019/12/12
iPhoneをiPodにするアプリ「Rewound」が公開

Appleニュース

2019/12/12
Apple川崎、オープン日に新トートバッグなど記念品を先着で配布

Pixelの噂・最新情報

2019/12/11
Google、Pixel向けの新アップデート「feature drops」発表

Pixelの噂・最新情報

2019/12/11
Google、Pixel 4の購入特典1.6万円分のクーポン配信開始
Recommendこんな記事も読まれています