bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Moto Xが正式発表!ボディのカスマイズが可能なスマートフォンに

ニュース
Moto Xが正式発表!ボディのカスマイズが可能なスマートフォンに
モトローラがGoogleと共同で開発を手がけた「Moto X」を正式発表しました。発売日は8月下旬〜9月上旬。販売対象地域は米国、カナダ、南米の3カ国で日本での販売予定は今のところありません。

フロントパネルとバックパネルのカスタマイズが可能に!組み合わせは2000通り以上!

Moto Xはキャリアと2年契約を結ぶことで199ドル(約2万円)で販売されます。ボディカラーはブラックとホワイトの2色展開ですが、AT&Tで契約するユーザーに限り、専用のサイトからボディカラーをカスタマイズすることができます。

ボディカラーのカスタマイズは、フロントパネルとバックパネル、ボリュームキーなどのハードキーなどをあらかじめ用意されたカラーからユーザーが自由にセレクトすることができ、好きな文字をボディに刻印することもできるというもので組み合わせは2000通り以上にもなります。

ボディカラーのカスタマイズを利用する場合、ユーザー自身が専用のウェブサイト「Moto Maker」からカスタマイズを行います。驚くべきことにオーダーからたった4日間で手元にオリジナルのMoto Xが届くそうです。

Moto Makerはティザーサイトがオープンされており、今後正式公開されるようです。
Motorola Mobility LLC. USA

カスタマイズの様子は以下の動画を参考にどうぞ。


Moto Xのスペック

Moto Xのスペックとしては、ディスプレイに4.7インチのHD液晶を搭載(1280×720ピクセル)を搭載し、ボディサイズは約65.3×129.3×5.6〜10.4mm、重さは130g、バッテリー容量は2200mAhとなります。

カメラは1000万画素のリアカメラと200万画素フロントカメラが搭載され、HD画質の動画撮影が可能です。

OSにはAndroid 4.2.2を採用し、CPUにはSnapdragon S4 Pro MSM8960Tをカスタマイズした1.7GHz、クアッドコアの「Motorola X8」が搭載され、RAMは2GB、ROMは16GBと32GBがラインナップされます。

無線通信として、Bluetoothは4.0 LE + EDR、無線LANはIEEE 802.11 a/b/g/n/acをサポートするほか、GSM/GRPS/EDGE、UMTS/HSPA(最大42Mbps)、CDMA/EVDO Rev. A(CDMAモデルのみ)、LTEに対応します。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPadの噂・最新情報

2019/11/12
新型iPad Pro、発売日は2020年前半か

Apple Watch

2019/11/12
Apple Watch Series 6、より高速かつ高い耐水性能を実現か

Pixelの噂・最新情報

2019/11/11
Pixel 4、最新版にアップデートできないと多数報告される

Android

2019/11/11
「Google Play ベストオブ 2019」のノミネートアプリが発表
Recommendこんな記事も読まれています