Google、医療用の「スマートコンタクトレンズ」を開発中と公式発表

ニュース

Google、医療用の「スマートコンタクトレンズ」を開発中と公式発表


Googleのウェアラブルデバイスと言えばメガネ型の「Google Glass」があります。これまで開発者向けに販売されていましたが、今年になって米国在住の一般消費者向けに販売対象を拡大したことでいよいよウェアラブルの時代が来る、2014年はウェアラブル元年だと言われています。

そんな中、Googleはコンタクトレンズ型のデバイス「スマートコンタクトレンズ」を開発中であることを公式に発表しました。

血糖値の管理を容易にするスマートコンタクトレンズ

Googleの公式ブログによれば、現在開発中の「スマートコンタクトレンズ」を装着することにより、血糖値の管理ができるとのこと。これまでは血糖値を計測するには血液検査が必要でしたが、「スマートコンタクトレンズ」によって劇的に容易になるとしています。

また、今後の予定としてコンタクトレンズ内にLEDを内蔵することで血糖値の急激な変化が確認できるようになるとのことです。

ただし、Googleは既にテスト段階に入っているものの、まだまだ開発の初期段階であり、一般向けに販売されるのは先の話と伝えています。

ウェアラブルへの応用を期待

スマートコンタクトレンズはあくまでも医療用ということですが、今後スマートコンタクトレンズで培われた技術がウェアラブルに発展し、一般向けに普及する可能性も十分あるのではないかと思っています。

いよいよ一般向けに販売が始まったGoogle Glassは普段メガネをかけない人にとっては”面倒”という声もあり、Googleの社員さえも装着するのを嫌がっているとも報じられていますが、コンタクトレンズであれば普段メガネをかけない人もメガネをかけている人もお気に入りのメガネをかけつつ装着することができるため、そういった声を黙らせることができるかもしれません。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

格安SIM

2021/01/20
MVNO委員会、ahamo対抗は「極めて困難」。接続料の引き下げを強く要求

キャッシュレス

2021/01/20
スマホ決済調査、d払いの利用急増。PayPayはダウン

au

2021/01/19
au、プラチナバンド5Gを2021年春に開始。Galaxy S20、Xperia 1 IIは非対応

キャッシュレス

2021/01/19
ユニクロペイ開始。始め方・使い方を解説
Recommendこんな記事も読まれています