指輪型のウェアラブルデバイス「Ring」が7月より販売開始ー仮注文の受付も既にスタート

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2018/05/18 13:10

指輪型のウェアラブルデバイス「Ring」が7月より販売開始ー仮注文の受付も既にスタート


重要な情報を公開すると告知され、公式サイトではカウントダウンが行われていた「Ring」ですが、その内容が明らかにされました。

「Ring」はその名のとおり指輪型のデバイスを指に装着して空中に文字や記号などのジェスチャーを描くことで、照明やテレビの電源をONにしたり、TwitterやFacebookなどのSNSにメッセージを投稿することができるウェアラブルデバイスとなっています。

Ringの発売日や価格などの詳細が公開!

Ringの公式サイトにて公開された詳細な情報は以下のとおりです。

また、「Ring」を使ってできることとして、ジェスチャーによる照明やテレビなどの操作(どこまでの操作ができるかは不明)やTwitter、FacebookなどSNSへのテキスト投稿、電子決済、LEDとバイブレーションによる着信通知の4つがあげられています。

それぞれの機能はRing Storeと呼ばれる専用のストアからアプリ(というか機能)をダウンロードして利用することになるようです。公開されたプレス画像には照明やメール、カメラ、Twitter、決済、メモなどの単語が並んでいますね。

ジャスチャーはアルファベットや数値のほかにもアプリを使って作成することもできるようです。

発表当初は「Ring」を改札にかざすことで電車の運賃決済ができる機能などが含まれていましたが、今回の発表からは削除されていました。

ただ、開発者向けにRingで描いたジャスチャーをJavaScriptやiOSまたはAndroidのSDKで受け取れるAPIが公開される予定でサードパーティ製のアプリによってより便利に「Ring」を使うことができそうです。


▼最新の「Ring」紹介動画

最初に公開されたものからすると見劣りしますが、それでもワクワクしますね。指一本であらゆるものを操作してみたい方はプレオーダーを検討してみてはどうしょうか。

Kickstarterは英語のサイトですが、以下から日本語による仮注文の方法が確認できますよ。

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています