iPhoneの充電器がモバイルバッテリーになる「Nomad Plus」が登場!

Yusuke Sakakura

iPhoneの充電器がモバイルバッテリーになる「Nomad Plus」が登場!


ワタクシ、モバイルバッテリーを持たない主義でありまして、昨年発売されて大人気になったダンボーのモバイルバッテリーも結局2〜3回しか使っておりません。

モバイルバッテリーを持たないのは、ついつい充電を忘れてしまって、いざ使えないことがよくあることと、単純に荷物を減らしたいからという理由であります。

そんな僕向けのモバイルバッテリーが登場したかもしれません。それが今回紹介する「Nomad Plus」です!

充電忘れが起きにくいモバイルバッテリー「Nomad Plus」

タイトルにもあるとおり「Nomad Plus」は、iPhoneの充電器がモバイルバッテリーになるデバイス。「Nomad Plus」にiPhoneの充電器を差し込んで使います。


通常時は、iPhoneの充電器として使うわけですが、充電中に本体に内蔵されている1500mAhのバッテリーにも充電されます。なので「Nomad Plus」をそのまま持ちだしてモバイルバッテリーとして使うことができるというわけ。これなら充電忘れは起きませんよね。

バッテリーの容量が1500mAhと、モバイルバッテリーとしては少なめの容量が気になるところかもしれませんが、iPhone 5sなら70%まで充電が可能です。1日で170%以上のバッテリーを使うこと、使う人ってそんなにないのではないでしょうか?

「Nomad Plus」のサイズは、45×45×28mm。iPadの充電器よりも体積比で小さく、重さも60gとモバイルバッテリーとしてはかなり軽くなっています。


気になる「Nomad Plus」の価格は39ドル、日本円で約4000円+送料約500円となっており、出荷時期は11月30日以降と案内されています。コンセントのタイプはA型となっており、そのまま日本でも使用することができます。

モバイルバッテリーに容量じゃなく、携帯性を求める人やモバイルバッテリーを使ってみたものの、ついつい充電を忘れてしまって使わなくなってしまった人、ぜひチェックしてみてはどうでしょうか?

Nomad Plusを開発するNomadでは、カギ型の充電ケーブルやサイフに入れて携帯できるカード型の充電ケーブルも販売しています。使用感のレポートはこちらからどうぞ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

AirTag

2021/05/06
新着記事
AirTagのストーカー対策による警告音は小さく15秒・一定間隔と判明

Twitter

2021/05/06
Twitter、ようやく縦長画像に対応。縦長にならない原因は?

Twitter

2021/05/05
Twitter、広告ブロックサービス「Scroll」買収。自社サブスクで提供へ

Pixelの噂・最新情報

2021/05/05
新型フルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を誤ってGoogleが発表→削除
Recommendこんな記事も読まれています