bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

京急線全駅に公衆無線LANが設置。

ニュース
京急線全駅に公衆無線LANが設置。
京浜急行電鉄は、一部の駅で展開していた公衆無線LANサービスを京急線全駅に拡大すると発表。

NTT東日本の「フレッツ・スポット」NTTドコモの「Mzone」「mopera U」に対応し、無線LAN搭載スマートフォンの使用も可能になるとのこと。

公衆無線LANのサービス開始は6月1日から。

都会はいいなぁ・・・

京急では、これまで、品川駅をはじめとする主な14の駅で、公衆無線LANサービスを既にスタートさせており、羽田空港駅を利用するるビジネスマンなどに好評を得ており、さらに昨今ではスマートフォンの登場などで無線LAN内蔵の対応端末が多様化していることから、沿線価値の向上の一環として、本サービスの提供エリアを71の全駅に拡大する。

なお、梅屋敷駅、大森町駅、神武寺駅、京急大津駅、新大津駅での公衆無線LANサービス開始は、駅施設の改良工事終了後。

今後は、駅構内における沿線情報の配信、駅業務での利用など、本アンテナ設備を通信インフラとして活用することも検討しているとのことです。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE

2018/11/21
LINE、アップデートで「位置情報」と「LINE Beacon」の利用許可を案内。許可するとどうなる?

Appleニュース

2018/11/21
障害復旧:“App Storeに接続できません“――Apple Musicにも繋がらず

Android

2018/11/21
Google、脱スマホ中毒アプリ「Digital Wellbeing」を正式公開

スマホアプリ

2018/11/21
ポケモンGO、伝説レイドに「クレセリア」登場。弱点やおすすめのポケモンは?
Recommendこんな記事も読まれています