AirPods Studio、生産に大きな問題発生?発売は来年3月の可能性も

bio
Yusuke Sakakura

AirPods Studio、生産に大きな問題発生?発売は来年3月の可能性も

Appleが競合会社のイヤホンの取り扱いをやめるなど、発売間近とされていたAppleブランド初のオーバーイヤーヘッドフォン「AirPods Studio」

数週間前までは先日開催されたイベントでの発表が噂されていたが、最新の情報によると生産で大きな問題が発生しており発売は12月以降の可能性があるという。

AirTagは11月に発表?

Jon Prosserによると、生産で大きな問題が発生した「AirPods Studio」はいくつかの重要な機能が削除されたとのこと。最終的なユニットを生産する前に解決すべき問題が残されていると伝えている。

さらなる問題が起きずにすべて物事が順調に進めば11月に発表され、12月に発売される可能性もあるとのことだが、来年3月まで発売されない可能性もあるという。

なお、Jon ProsserはAppleが開発中の紛失防止タグ「AirTag」について発表および発売が3月まで延期されたと伝えていたが、今日になって情報を訂正し11月に発表される可能性があると伝えている。

今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でスケジュールが流動的になるため登場時期を正確に予測するのが難しい。同氏はPixel 4a/4a 5G/5についても発売時期を何度も変更しながら最後には正確に予測していた。

これまでの噂によればAppleブランド初のオーバーイヤーヘッドフォンは、レトロな外観を採用していてイヤーパッドとヘッドバンドのパッドを付け替えできるという。

ヘッドフォンはシンメトリー(左右対称)で左右の向きが固定されているため、左右間違って装着する問題が発生しがちだが、新しいセンサーを搭載した「AirPods Studio」は左右の向きを自動検知してチャンネルを入れ替えることで左右向きを気にせず音楽を楽しめるそうだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています