bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

速報:Apple、iPhone XS/iPhone XS Maxを正式発表 大容量の512GB、デュアルSIM、IP68防水対応

iPhone

速報:Apple、iPhone Xs/iPhone Xs Maxを正式発表

Appleが9月13日午前2時から開催された新製品発表イベントを開催し「iPhone XS」(アイフォーン·テン·エス)と「iPhone XS Max」(アイフォーン·テン·エス·マックス)を正式発表した。

両モデルともにポートレート撮影が可能なデュアルレンズカメラ、ステンレススチールのフレーム、ガラスのバックパネルを採用し、誤認識率が100万分の1という圧倒的な安全性を誇る顔認証「Face ID」を搭載する。

iPhone史上最高かつ史上最大のディスプレイを搭載した2つの「iPhone XS」

iPhone Xs/iPhone Xs Max iPhone Xs/iPhone Xs Max
iPhone Xs/iPhone Xs Max iPhone Xs/iPhone Xs Max
iPhone Xs/iPhone Xs Max iPhone Xs/iPhone Xs Max

“未来のビジョンを大きく塗り替える”として「iPhone XS」と「iPhone XS Max」が発表された。フルスクリーンデザインを実現するSuper Retina HDディスプレイ、新しいカメラセンサーと大幅に改善されたカメラのソフトウェア処理、スマートフォン初の7nmプロセス「A12 Binicチップ」、臨場感のある音を奏でるステレオスピーカー、新しいゴールドのステンレススチールフレームを採用する。

オールスクリーン

iPhone Xのオールスクリーンデザインを引き継いだ新モデルは、「iPhone XS」が5.8インチ・2436×1125ピクセル、「iPhone XS」がiPhone史上最大となる6.5インチ・2688×1242ピクセルの有機ELディスプレイを搭載する。

カスタマイズされた有機EL、Dolby VisionとHDR10による豊かな表現力に加え、iOSのカラーマネージメントによって業界最高クラスの色精度を実現。1,000,000:1のコントラスト比が再現する体験は液晶とは段違いの差がある。

ゴールドステンレススチール、IP68防水

医療に使われるものと同じグレードのステンレススチールフレームは、シルバーとスペースグレイに加えて新たに「ゴールド」が加わった3色から選べる。ゴールドとスペースグレイはバックパネルと同系統のカラーで着色することで高い統一感を実現。

ステンレススチールフレームをサンドイッチするフロントとバックのガラスパネルはスマートフォン史上最も強靭で傷への耐性を有し、Qiによるワイヤレス充電も可能にしている。

防水性能は新しいレベルのIP68準拠。最大で水深2メートル30分間に耐えるため、コーヒーや紅茶、ジュースなどをこぼしても安心。Appleは塩水やビール、ワイン、オレンジジュースなどで実験を行ったという。

シリーズ最速&高効率のチップセット「A12 Bionic」

最新のチップセット「A12 Bionic」は、初の7nmプロセスで業界トップクラスの性能を発揮する。A11 Bionicと比較すると、処理性能が最大15%高速化、描画性能は最大50%高速化、さらに最大50%効率化されている。低消費電力されたチップセットによって電池持ちはiPhone Xに比べてiPhone XSは30分、iPhone XS Maxは90分アップしている。

A12 Bionicが内包する新しい8コアの次世代Neural Engineは、最大で毎秒5兆の演算処理が可能になり、高速な平面検出やリアルタイムの機械学習など「ARKit」の体験・パフォーマンスが劇的に向上した。

圧倒的に安全な顔認証「Face ID」は、セキュリティに特化したプロセッサ「Secure Enclave」の高速化によって認証速度も高速になり、ひと目見るだけでiPhoneのロック解除やApple Payでの支払い、パスワード管理アプリなどへの安全なアクセスが可能になっている。

カメラ

光学2倍ズーム、デュアル光学式手ぶれ補正をサポートした12メガピクセルのデュアルカメラは、まったく新しいセンサーを搭載することでより高速なオートフォーカスや色の再現度、暗所での性能が向上。さらに、ISPや次世代Neural Engine、改良されたソフトウェアなどによって、シングルレンズながら美しいボケ効果を実現するポートレート撮影を可能にした。

ポートレートは撮影中および撮影後に被写界深度の調整が可能。より美しいボケ効果を使った印象的なポートレートが撮影できるほか、白飛びと黒つぶれを抑える最新のHDR機能「スマートHDR」では、明部と暗部がより精細に表現され、シャッターラグゼロでHDR撮影が楽しめる。

ビデオ撮影時は内蔵された4つのマイクによってステレオサウンドの録音が可能。再生時も臨場感のあるサウンドがワイドステレオで再生される。

なお、iPhone史上最大容量となる512GBのストレージが追加されたことで膨大な写真と動画をiPhoneに入れて持ちあるくことが可能になっている。

デュアルSIM&eSIM

従来の物理式のSIMカードに加え、埋込み式のeSIMから構成されるデュアルSIMが採用された。海外旅行・出張時では準備が面倒なプリペイドSIMやレンタルWi-Fiが不要になり、iPhoneの設定画面から事業者やプランを選択するだけで海外でもカンタンにネットが利用できる。なお、中国向けのモデルは物理SIMカードを2枚挿入する別方式になる。

なお、モバイルデータ通信はギガビット級LTEを採用することで超高速なネット接続が可能になった。

iPhone XS/iPhone XS Maxの販売価格・発売日

「iPhone XS」の販売価格は64GBが112,800円、256GBが129,800円、512GBが152,800円(税別)。「iPhone XS Max」の販売価格は64GBが124,800円、256GBが141,800円、512GBが164,800円(税別)。予約開始日は9月14日(金)16時1分から、発売日は9月21日(金)。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2018/12/17
LINE Pay(ラインペイ)の始め方 カードの使い方やチャージ、支払いまで全まとめ

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)の使い方 QRコード支払いや割り勘も

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)でチャージする方法 コンビニやATM・銀行振込でも

Apple Music

2018/12/15
Amazon Echoが「Apple Music」に対応。日本ではまだ
Recommendこんな記事も読まれています