bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Apple、iPhoneの性能低下訴訟で和解。1台あたり約2,700円で

Appleニュース

Apple、iPhoneの性能低下訴訟で和解。1台あたり約2,700円で

Appleがユーザーに説明せず意図的に旧iPhoneの性能を低下させ、間接的に新しいiPhoneの購入を促していたとされる問題。

アメリカでは集団訴訟に発展していたが、1台あたり25ドルーー約2,700円を支払うことで和解することがわかった。

Appleは不正行為を認めず

米ロイターが裁判所に提出された書類を元に、Appleが最大5億ドルーー540億円を支払い集団訴訟を起こしたiPhoneユーザーと和解することで合意したと報じた。和解金は消費者からの請求件数によって増減する。

Appleは和解するものの不正行為を否定。訴訟の費用を回避するために全米規模の訴訟で和解することになったようだ。最低和解額の30%は弁護士などに支払われる。

和解の対象となるのはiOS 10.2.1以降を搭載するiPhone 6シリーズ、iPhone 6sシリーズ、iPhone 7シリーズ、iPhone SE。2017年12月21日以前にiOS 11.2にアップデートしたiPhone 7シリーズも対象だ。

問題の発端はiPhoneユーザーがiOS 11にアップデートした直後からデバイスの動作が遅くなったことを報告。アップデート前後の性能比較などが投稿されたRedditのスレッドには同様の報告が集まり、新しいiPhoneに買い換えさせるため意図的にやっているのではないかと疑いの目を向けられた。

メディアが大きく取り上げた後、AppleはiPhoneの性能低下問題について謝罪し、劣化したバッテリーが引き起こすiPhoneの強制終了を防止するために必要(バッテリーの性能が80%以上なら性能低下は発生しない)だったと説明した。

さらに、バッテリーの交換費用を8,800円から5,600円に期間限定で値下げし、バッテリーの状態をユーザー自身が診断できる機能を追加していた。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2020/07/06
Android版Chrome、ようやく64bit対応へ

iPhoneの噂・最新情報

2020/07/05
iPhone 12、最小モデルは初代“SE”に代わるサイズ感に?

iPhoneの噂・最新情報

2020/07/04
Apple「iPhoneの充電器どうしてる?」と調査実施。同梱廃止の予兆か

セール

2020/07/04
過去最安値、「Fire TV Stick」が2,000円オフに
Recommendこんな記事も読まれています