bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2018/03/14 21:00
  • トップページ
  • iPhoneの小ワザ、裏ワザ
  • iPhoneの画面色・明るさを調整する方法。限界まで暗くする裏ワザも
  • iPhoneの画面明るさを調整する方法。自動調整や限界まで下げる裏ワザも

    「就寝前にiPhoneで本を読んでるけど画面が明るすぎる」「画面が暗すぎて見えづらい」「画面の明るさが勝手に変わる」「画面が黄色っぽく見えるのはなぜ?」などiPhoneの画面に関わる不満や疑問は多いかもしれません。

    この記事ではiPhoneの画面の明るさを変えて電池持ちを向上する基本的な方法や明るさの自動調整をオン/オフする方法、明るさを限界まで暗くする裏ワザ、黄色っぽい色合いを変更する方法を解説します。

    目次

    画面の明るさを変える方法

    • 1. 画面の右上から下にスワイプ(iPhone X)または画面の下から上に向かってスワイプ(iPhone 8以前)してコントロールセンターを表示
    • 2. 明るさ調整バーを上下する

    iPhoneの画面明るさを調整する方法。自動調整や限界まで下げる裏ワザも

    iPhone Xで明るさを調整

    iPhoneの画面明るさを調整する方法。自動調整や限界まで下げる裏ワザも

    iPhone 8で明るさを調整

    アニメーションで解説

    画面の明るさを変える方法
    iPhone Xで明るさを調整

    明るさが勝手に変わる?「明るさの自動調整」をオン/オフする

    iPhoneでは周りの明るさに応じて画面の明るさを自動で調整する機能が用意されています。ただ、勝手に明るさが変更されたり、自動調整の結果逆に見えづらくなってしまったという経験をした人もいるはず。明るさは自分で変更するから自動調整しないで欲しいという場合は、以下の手順を参考に「明るさの自動調整」をオフにしてみてください。

    • 1. 設定を起動
    • 2. 「一般」を選択
    • 3. 「アクセシビリティ」を選択
    • 4. 「ディスプレイ調整」を選択
    • 5. 「明るさの自動調整」をオンにする

    明るさが勝手に変わる?「自動調整」をオン/オフする

    明るさを限界まで下げる裏ワザ

    電気を消しベッドに入って眠気が来るまでiPhoneを使う人も多いとも思いますが、明るすぎてなかなか寝付けないという人も多いようです。iPhoneの画面サイズが大きくなるに連れて光量も多くなっているのが原因かもしれません。そんな時に試して欲しいのが明るさを限界まで下げる裏ワザです。

    • 1. 設定を起動
    • 2. 「一般」を選択
    • 3. 「アクセシビリティ」を選択
    • 4. 「ディスプレイ調整」を選択
    • 5. 「ホワイトポイントを下げる」をオンに
    • 6. 「ホワイトポイントを下げる」のスライダーを右に動かす

    明るさを限界まで下げる裏ワザ

    目に優しいブルーライトカット「Night Shift」をオンにする

    就寝前にiPhoneで小説を読んだり、マンガを読む人は多いはず。ただ、ディスプレイから発せられる光には太陽光にも含まれるブルーライトが含まれていてブルーライトが目に入ることで脳が夜なのに昼と勘違いしなかなか寝付けなくなるなど睡眠の質を低下させる可能性があると言われています。そのブルーライトをカットできるのがiOS 9.3で追加された「Night Shift」です。「Night Shift」をオン/オフにする方法は以下のとおりです。

    • 1. 画面の右上から下にスワイプ(iPhone X)または画面の下から上に向かってスワイプ(iPhone 8以前)してコントロールセンターを表示
    • 2. 3D Touchを使って明るさ調整バーを深くプレスする
    • 3. 「Night Shift」のボタンをタップする

    目に優しいブルーライトカット「Night Shift」をオンにする

    アニメーションで解説

    画面の明るさを変える方法
    iPhone Xで「Night Shift」をオンにする

    画面が黄色っぽい?「True Tone」をオンにする

    自宅、職場、屋外などさまざまな場面でディスプレイの色合いが異なります。例えば、暖色系の照明を使った場所では黄色っぽく、白色蛍光灯を使った場所では青っぽく見えるはず。

    これを解消するのが「True Tone」で周囲の光に合わせて画面の色合いを自動で調整し自然に画像や映像を表示してくれます。ただ、True Toneに対応したディスプレイは黄色っぽくなる傾向があるため慣れないうちは違和感を覚えるかもしれません。もし不満があるならばTrue Toneをオフにしてみましょう。

    なお、True Toneに対応したiPhoneは執筆時点でiPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Plusの3機種のみとなっています。

    • 1. 画面の右上から下にスワイプ(iPhone X)または画面の下から上に向かってスワイプ(iPhone 8以前)してコントロールセンターを表示
    • 2. 3D Touchを使って明るさ調整バーを深くプレスする
    • 3. 「True Tone」のボタンをタップする

    画面が黄色っぽい?「TrueTone」をオンにする

    アニメーションで解説

    画面が黄色っぽい?「TrueTone」をオンにする
    iPhone Xで「TrueTone」をオンにする
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの小ワザ、裏ワザの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー