Warning: file_get_contents(/home/mobilelaby/mobilelaby.com/public_html/wp/wp-content/themes/mobilelaby_ver2/step-by-step/Netflix/ios-cus-appdata-netflix.json): failed to open stream: No such file or directory in /home/mobilelaby/mobilelaby.com/public_html/wp/wp-content/themes/mobilelaby_ver2/functions-test.php on line 296

iPhoneの空き容量を増やす方法まとめ。容量不足を無料で解消

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2022/04/01 14:43

iPhoneの空き容量を増やす方法まとめ。容量不足を無料で解消

子どもや家族の写真・動画、お気に入りの電子書籍、音楽・映画・ドラマなどを保存し、スケジュール管理用のカレンダーアプリや美味しいお店を予約するための予約アプリ、口コミアプリなど、ビジネスからプライベート。そして健康管理に至るまで、毎日利用するアプリやデータが入っているiPhone。

容量がいっぱいになって困っている人も多いはず。iPhoneはSDカードに対応していないため、購入後に容量を追加することはできず、基本的には使用しているデータを削除して空き容量を増やすしかありません。

この記事では、無料ですぐにiPhoneの空き容量を増やして容量不足を解消する方法まとめています。

目次

iPhoneの容量不足はなぜ?何が容量を食い潰してるのか確認する

iPhoneの容量不足はなぜ?何が容量を食い潰してるのか確認する

やみくもにiPhoneのデータを削除して空き容量を増やす方法はオススメできません。

時間をかけてアプリやデータを削除したにも関わらず、それほど容量が減らずに手間だけ増えたというのはよくあることです。無駄なくiPhoneの空き容量を増やすために、事前にどういったデータがiPhoneの容量を食い潰しているのか確認する必要があります。

iPhoneの空き容量を確認するには、設定画面を起動して「一般」>「iPhoneストレージ」に進んで、使用済みの容量と、どういったアプリまたはデータがiPhoneの容量を消費しているのか確認しましょう。

  1. STEP 1

    設定画面を起動する

    設定画面を起動して「一般」に進みます

    設定画面を起動する設定画面を起動する

  2. STEP 2

    iPhoneストレージに進む

    「iPhoneストレージ」に進むと、容量の内訳が表示されるので、何が容量を食い潰してるのか確認しましょう

    iPhoneストレージに進むiPhoneストレージに進む

写真と動画の容量を減らす

写真と動画の容量を減らす

何がiPhoneの容量を消費しているのか調べた結果、App Storeからダウンロードアプリと「写真」アプリが最も容量を食い潰していたはずです。

写真アプリから不要な写真や動画、スクリーンショットなどの削除を検討した上で、以下の手順を試して空き容量を効率的に増やしましょう。

削除した写真や動画を完全に削除する

iPhoneから写真や動画を削除しても、誤って削除した時のことを考慮して30日間はiPhone内に存在しています。

容量を大きく減らすには、以下の手順を参考に「最近削除した項目」から削除して完全に消去する必要があります。

  1. STEP 1

    写真アプリを起動する

    写真アプリを起動して、アルバムタブに移動します

    写真アプリを起動する写真アプリを起動する

  2. STEP 2

    最近削除した項目にアクセス

    1番下までスクロールして「最近削除した項目」に進んで、画面右上の「選択」をタップしましょう

    最近削除した項目にアクセス最近削除した項目にアクセス

  3. STEP 3

    削除した写真や動画を完全削除する

    左下の「すべて削除」をタップして「XXX項目を削除」を選択すると、削除した写真と動画が完全に削除されます

    削除した写真や動画を完全削除する削除した写真や動画を完全削除する

iPhone内の写真と動画を最適化する

以下の手順を参考に「iPhoneのストレージを最適化」をオンにすると、iPhoneの空き容量が少なくなった時に、フル解像度の写真と動画がデータ容量を圧縮したバージョンに自動的に置き換わるため、空き容量を増やすことができます。

  1. STEP 1

    設定画面を起動する

    設定画面を起動して「写真」に進みます

    設定画面を起動する設定画面を起動する

  2. STEP 2

    iPhoneのストレージを最適化する

    「オリジナルをダウンロード」にチェックがついている場合は、「iPhoneのストレージを最適化」に変更すると、iPhoneの空き容量が少なくなった時にフル解像度の写真とビデオが、サイズの小さい小容量のデータに変換されます

    iPhoneのストレージを最適化する

iPhoneの写真と動画をクラウドサービスに転送する

必要のない写真や動画を削除すればいい話ですが、削除したデータや思い出は戻らないので、削除する前にクラウドストレージにバックアップすることをオススメします。

膨大にあるクラウドストレージの中で、以前は無料・容量無制限で利用できる「Googleフォト」をオススメしていましたが、2021年に容量無制限が廃止。現在、無料で利用できるのは5GBまでに制限されています。

2022年でのおすすめはプライム会員であれば、無制限の写真ストレージを利用できる「Amazon Photos」です。Amazonプライム会員であれば、追加費用なしで利用できます。

Amazon Photos
Amazon Photos¥ 無料Amazon Photosでは、スマートフォンやコンピューターなどのデバイスからすべての写真とビデオをバックアップ、整理、共有できます。ほぼすべてのデ...
App Store

メッセージアプリで送信した写真や動画を削除する

メッセージアプリで送信した写真や動画を削除する

LINEやTwitter、Instagramの登場ですっかり利用機会が減ってしまったiOS標準の「メッセージ」アプリ

過去に送信したテキストメッセージや画像・動画、迷惑メールなどを削除することで、空き容量を増やすことができます。都度、削除するのが面倒な場合は、設定を変更することでメッセージを自動で削除することも可能です。

メッセージを個別に削除する

  1. STEP 1

    メッセージを起動する

    メッセージアプリを起動して削除したいチャットを選択します

    メッセージを起動する

  2. STEP 2

    削除するメッセージを選択する

    チャットを選択後、削除したいメッセージを長タップして「その他...」を選択します

    削除するメッセージを選択する削除するメッセージを選択する

  3. STEP 3

    チャットごとメッセージを削除する

    画面左下のゴミ箱アイコンをタップして「メッセージを削除」を選択すると削除できます

    チャットごとメッセージを削除するチャットごとメッセージを削除する

  4. STEP 4

    チャットごとメッセージを削除する

    削除したいメッセージを左にスワイプして削除アイコンをタップした後、「削除」を選択するとチャットごと削除できます

    チャットごとメッセージを削除するチャットごとメッセージを削除する

メッセージを自動で削除する

  1. STEP 1

    設定画面を起動する

    設定画面を起動して「メッセージ」に進みます

    設定画面を起動する設定画面を起動する

  2. STEP 2

    メッセージの保存期間を変更する

    画面を下にスクロールして「メッセージの保存期間」に進んで、保存期間を30日または1年のいずれかに変更します

    メッセージの保存期間を変更するメッセージの保存期間を変更する

  3. STEP 3

    メッセージを自動削除する

    「削除」を選択すると古いメッセージが即削除されます

    メッセージを自動削除する

標準アプリやしばらく使っていないアプリを「取り除く」

しばらく使っていないアプリを「取り除く」

しばらく使ってない不要なアプリや一度も使ったことのない標準アプリを削除して、iPhoneの空き容量を増やすのも効果的です。特にゲームなどは数GB単位で空き容量を増やすことができます。

また、アプリのデータまで削除したくない場合は、アプリを「取り除く」ことでデータを消さずに、アプリのみを削除することも可能。取り除いたアプリを元に戻せば、削除と違ってデータも元通りです。

しばらく使ってないアプリを確認する

やみくもに削除せず、事前にしばらく使っていないアプリと容量を確認しましょう。

  1. STEP 1

    設定画面を起動する

    設定画面を起動して「一般」に進みます

    設定画面を起動する設定画面を起動する

  2. STEP 2

    iPhoneストレージに進む

    「iPhoneストレージ」に進んで画面を下にスクロールすると、アプリ名の下に前回アプリを使用した日にちが表示されます。長く使っていない場合は削除を検討しましょう

    iPhoneストレージに進むiPhoneストレージに進む

アプリを取り除いてデータはそのまま。アプリ本体だけを削除する

  1. STEP 1

    設定画面を起動する

    設定画面を起動して「一般」に進みます

    設定画面を起動する設定画面を起動する

  2. STEP 2

    取り除くアプリを選択

    「iPhoneストレージ」に進んで、データを残しつつ本体だけ削除したいアプリを選びます

    取り除くアプリを選択取り除くアプリを選択

  3. STEP 3

    アプリを取り除く

    「Appを取り除く」をタップすると確認が表示されるので、もう一度「Appを取り除く」を選択すると、データをiPhoneに残したままアプリ本体だけが削除されます

    アプリを取り除くアプリを取り除く

ウェブアプリを利用する

しばらく使ってないアプリだけでなく、普段使っているアプリを削除してウェブアプリに移行して、iPhoneの空き容量を増やすことも検討しましょう。

数少ない特定のデータを利用するために、Dropboxをダウンロードしたり、買い物のためにAmazonアプリなどショッピングアプリをダウンロードしている場合は有効な方法です。なお、ウェブアプリを利用できないサービスもあります。

  1. STEP 1

    ウェブアプリにアクセスする

    Safariを起動してウェブアプリとして利用したいサービスにアクセスして、画面下の共有アイコンをタップします

    ウェブアプリにアクセスするウェブアプリにアクセスする

  2. STEP 2

    ホーム画面に追加する

    画面を下にスクロールして「ホーム画面に追加」を選択。画面右上の「追加」をタップすると、ホーム画面からすぐにサービスにアクセスできます

    ホーム画面に追加するホーム画面に追加する

SafariやChromeの履歴やキャッシュをクリアする

SafariやChromeの履歴やキャッシュをクリアする

SafariやChromeなどのブラウザでは、閲覧したページの履歴が保存され、快適にブラウジングできるようにCookieなどの各種データやキャッシュが自動保存されます。設定画面から都度、削除するようにしましょう。

Safariの履歴やデータを削除する

  1. STEP 1

    設定画面を起動する

    設定画面を起動して「Safari」に進みます

    設定画面を起動する設定画面を起動する

  2. STEP 2

    履歴とデータを消去する

    画面を下にスクロールして「履歴とWebサイトデータを消去」をタップします。確認が表示されたら「履歴とデータを消去」を選択しましょう

    履歴とデータを消去する履歴とデータを消去する

Chromeの履歴やデータを削除する

  1. STEP 1

    Chromeを起動する

    Chromeを起動後、画面右下のアイコンをタップして「履歴」に進みます

    Chromeを起動するChromeを起動する

  2. STEP 2

    削除するデータを指定

    画面左下の「閲覧履歴データを削除...」をタップして「閲覧履歴」と「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れます

    削除するデータを指定削除するデータを指定

  3. STEP 3

    削除期間を指定

    「期間」をタップして「全期間」に変更後、画面左上の「戻る」をタップします

    削除期間を指定削除期間を指定

  4. STEP 4

    履歴とキャッシュを削除する

    「閲覧履歴データの削除」をタップすると、確認されるのでもう一度「閲覧履歴データの削除」を選択しましょう

    履歴とキャッシュを削除する履歴とキャッシュを削除する

アプリのキャッシュやデータを削除する

アプリのキャッシュやデータを削除する

保存した電子書籍やマンガ、音楽、動画などのデータを削除することで、iPhoneの空き容量を大幅に増やすことができます。

また、各アプリのキャッシュを削除することで、一時的に空き容量を増やせます。

Kindleの電子書籍を削除する

  1. STEP 1

    ライブラリを表示

    Kindleアプリを起動して「ライブラリ」に移動後、「ダウンロード済み」タブを選択しましょう。

    ライブラリを表示ライブラリを表示

  2. STEP 2

    Kindle本の削除

    削除したいKindle本を長押しして「シリーズを端末から削除」または「端末から削除」を選択すると、Kindle本を削除できます

    Kindle本の削除Kindle本の削除

LINEのキャッシュを削除する

  1. STEP 1

    LINEを起動

    LINEアプリを起動後、ホームタブにて画面右上の設定アイコンをタップして「トーク」に進みます

    LINEを起動LINEを起動

  2. STEP 2

    削除するデータを選択

    「データの削除」に進んで「キャッシュデータ」にチェックが入っていることを確認して「選択したデータを削除」をタップします

    削除するデータを選択削除するデータを選択

  3. STEP 3

    キャッシュを削除する

    「データを削除」を選択すると、LINEのキャッシュが削除されます

    キャッシュを削除する

Twitterのキャッシュを削除する

  1. STEP 1

    Twitterを起動する

    Twitterを起動して画面左上のプロフィールアイコンをタップ後、「設定とプライバシー」を選択します

    Twitterを起動するTwitterを起動する

  2. STEP 2

    「アクセシビリティ、表示、言語」に進む

    「アクセシビリティ、表示、言語」に進んで、「データ利用の設定」をタップしましょう

    「アクセシビリティ、表示、言語」に進む「アクセシビリティ、表示、言語」に進む

  3. STEP 3

    メディアストレージを削除する

    「メディアストレージ」に進んで「メディアストレージを削除」をタップすると、Twitterがキャッシュした画像やGIF画像のデータが削除されます

    メディアストレージを削除するメディアストレージを削除する

  4. STEP 4

    ウェブストレージを削除する

    メディアストレージを削除したら「Webサイトストレージ」に進んで「ウェブページストレージを削除」または「すべてのウェブサイトストレージを削除」をタップすると、Twitterがキャッシュしたウェブサイトのデータが削除されます

    ウェブストレージを削除するウェブストレージを削除する

Apple Musicの音楽を削除する

  1. STEP 1

    設定画面を起動する

    設定画面を起動して「ミュージック」に進みます

    設定画面を起動する設定画面を起動する

  2. STEP 2

    ダウンロード済みに進む

    「ダウンロード済み」に進んで、画面右上の「編集」をタップします

    ダウンロード済みに進むダウンロード済みに進む

  3. STEP 3

    ダウンロードした曲の削除

    ダウンロードしたいアーティストの横にある「-」または、すべての曲の横にある「-」をタップ後、「削除」をタップするとダウンロードした曲が削除されます

    ダウンロードした曲の削除ダウンロードした曲の削除

Spotifyの音楽・キャッシュを削除する

  1. STEP 1

    Spotifyを起動する

    Spotifyのアプリを起動後、画面右上の設定アイコンをタップして設定メニューから「ストレージ」に進みます

    Spotifyを起動するSpotifyを起動する

  2. STEP 2

    キャッシュを削除

    「キャッシュを削除」をタップ後、「削除」を選択するとキャッシュが削除されます

    キャッシュを削除キャッシュを削除

  3. STEP 3

    ダウンロードした曲を削除

    「ダウンロード済みの曲をすべて削除」をタップ後、「削除」を選択するとダウンロードした曲がすべて削除されます

    ダウンロードした曲を削除ダウンロードした曲を削除

Netflixの動画を削除する

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています