bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

世界初、日本語⇔中英語対応のウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」が2016年夏登場

ニュース

日本語⇔英語/中国語に対応、世界初のウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」が登場

海外旅行に行きたいけど、英語が話せない、コミュニケーションに労力を使いたくないという人も多いのではないでしょうか。

そんな言葉の壁が生む様々な障害をウェアラブル翻訳機の「ili(イリー)」が解決してくれるかもしれません。

オフラインでも使える旅行目的に特化ウェアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」

スティック状のウェアラブル翻訳デバイス「ili」を使って話すと、iliに内蔵されたスピーカーから日本語・英語・中国語に翻訳された言葉が音声出力されます。

「ili」の使い方は非常にカンタンで、ボタンを押して話すだけ。

日本語⇔英語/中国語に対応、世界初のウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」が登場

手軽に言語を翻訳する手段として、スマートフォンの翻訳アプリがありましたが、アプリを起動する手間やスピーカーの性能が良くないため、口元にマイクを近づける必要があるなど、実用性は高くありませんでした。

一方、iliが内蔵するマイクは市場やバー、都会の雑踏でも正確に声を拾うことができ、翻訳した言語は人混みでもきちんと聞こえる音声スピーカーから出力されるなど、実用性は高いように思えます。

日本語⇔英語/中国語に対応、世界初のウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」が登場

iliに話しかけた言語は、ネット回線を介さず、内蔵された辞書を利用して翻訳されます。電波の届かない観光地や地下など場所に限定されずに利用できることや通信時間を必要としないため、レスポンスが高いことも魅力的なポイントではないでしょうか。

日本語⇔英語/中国語に対応、世界初のウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」が登場

なお、iliに内蔵される辞書は“旅行に特化した翻訳辞書”とのことで、利用シーンは旅行が想定されているようです。

日本語⇔英語/中国語に対応、世界初のウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」が登場

ili自体にインターネットに接続する機能はないようですが、専用のドックステーションにiliを接続することで、インターネットを通じてアップデートすることができるとのこと。アップデートの適用によって“より賢くなる”とされており、翻訳辞書や翻訳エンジンできるようです。

iliを実際に利用するプロモーションビデオも公開

初対面の相手にキスをお願いするというiliのプロモーションビデオが公開されています。翻訳辞書に収録した言語を喋っている可能性も考えられますが、翻訳精度はかなり高く、レスポンスも非常に速いようです。

前述したとおり、iliの対応言語は日本語・英語・中国語となっていますが、第2弾としてフランス語・タイ語・韓国語、第3弾としてスペイン語・イタリア語・アラビア語に対応するとのこと。1モデルですべての言語に対応するわけではなく、モデルごとに対応する言語が異なるようです。

iliの公式サイトの案内によれば、製品版は2016年夏に登場するとされています。

なお、「ili」の開発元は指輪型のウェアラブルデバイス「Ring」を開発したログバーとのことですが、今回は開発が進むに連れてデザインなどが大幅に変わらないよう祈りたいです。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone XS / XS Max

2018/09/25
iPhone XS/XS Max、Wi-Fiや4G/LTEの通信が不安定になる不具合発生か

iOS 12

2018/09/25
Apple、リアルタイムのボケ調整機能を「iOS 12.1」で追加へ

お役立ちコンテンツ

2018/09/25
macOS Mojaveの「ダークモード」の使い方〜キーボードショートカットの作り方も

Apple Watch

2018/09/25
「Apple Watch Series 4」レビュー
Recommendこんな記事も読まれています