bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

au系 格安SIM、iOS 8のiPhoneでもデータ通信可能に

iPhone

iOS 8のiPhoneにてau系格安SIMでもデータ通信可能に

昨年、アップルが配信したiOS 8をインストールしたiPhoneやiPadにて、突然、mineoやUQ mobileなどau系の格安SIMでデータ通信が利用できなくなっていましたが、IIJの調査・検証の結果、APNの構成プロファイルに手を加えることで、au系の格安SIMでもデータ通信が利用可能になったことがわかりました。

APN構成プロファイルのインストールでiOS 8にて、データ通信の利用が可能に

IIJによると、iOS 7より非推奨とされていたAPNペイロードから推奨されているCellularペイロードに変更し、とあるパラメータを追加したAPN構成プロファイルをインストールしたところ、iPhoneとiPadでも通信ができるようになったようです。

従来、KDDI au LTE網を使ったMVNOサービスのSIMカードでは、iPhone・iPadは一切通信ができませんでした。IIJが提供する法人向けのMVNOサービスに同じパラメータを追加したAPN構成プロファイルを適用したところ、iPhone・iPadでもデータ通信ができるようになりました。

引用元:てくろぐ: APN構成プロファイルの変更でiPhone・iPadの通信が安定?

具体的なパラメータについては語られていませんが、「構成プロファイルリファレンス(PDF)」を確認したところ、AuthenticationTypeが追加されているようです。

また、IIJ試験的に作成した構成プロファイルにもAuthenticationTypeが追加されていることから追加したパラメータはAuthenticationTypeだと判断できます。

IIJが公開している構成プロファイルを元にUQ mobileとmineoの構成プロファイルを公開しておきます。

パケ死する可能性もあるので、利用は自己責任でお願いします。

ようやくau系格安SIMでデータ通信が復活。テザリングは不可

上記の構成プロファイルをau版のiPhone 5sとSIMフリーのiPhone 6 Plusにインストールして、UQ mobileとmineoで検証してみたところ、LTEでのデータ通信を利用することができました。テザリングを利用できなかったほか、IIJが案内しているとおりデータ通信は不安定でふとしたタイミングで圏外になってしまいます。

mineoやUQ mobileから構成プロファイルが正式提供されることになれば、安定したデータ通信とテザリングの利用も可能になるかもしれませんね。

今年秋に配信されるiOS 9にて、再度、データ通信ができなくなる可能性も充分に考えられますが、どうなるでしょうか。

UQ mobileは、格安SIMの中でも高速かつ安定したデータ通信が可能です。手元にauのiPhoneがある人はチェックしてみてはどうでしょうか。


mineoのデータ通信を500MBまで利用できる(月額プランへの以降も可)お試し版SIM付きの「SIM PERFECT BOOK」も販売中です。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AirPods

2019/03/21
何が変わった?新しい第2世代「AirPods」と第1世代の違いを比較

AirPods

2019/03/20
速報:新型「AirPods」が登場。ワイヤレス充電とHey Siriに対応、遅延も30%改善

楽天モバイルネットワーク

2019/03/20
更新:総務省、新規参入の楽天を優遇か 分離プラン義務化の対象外に?

iPad

2019/03/20
新しいiPad mini/iPad Airの価格・料金を比較 最も安いキャリアは?
Recommendこんな記事も読まれています