iPhoneの新元号「令和」対応間に合わず

iOS

iPhoneの新元号「令和」対応間に合わず

2019年5月1日になり元号が平成から「令和」に変わった。iOSでは設定を変更することで日付表記を西暦から和暦に変えることができるが、現在は“平成31年5月1日”と表示されてしまう。

「Siri」は新元号発表の翌日に発表済み

Appleは新元号が発表された翌日に音声アシスタント「Siri」の新元号対応を済ませ、iPhoneに向かって“Hey Siri 新元号は?”と聞くと「新しい元号は、“令和”と発表されました。詳細については日本政府のホームページ等でご確認ください。」と返してくれるようになった。

対応する前は「新しい元号については、日本政府のホームページ等でご確認ください。」とそっけない返事だった

「Siri」はサーバ側のアップデートで新元号に対応できたが、iOSの和暦/元号のデータは日付/カレンダー関連のフレームワークで管理されているため、システムアップデートによって和暦/元号のデータを更新する必要がある。

すでにAppleは新元号に対応したアップデートのベータ版を開発者やテスター向けに提供しているが、正式配信は間に合わなかった。4月30日に最新のベータ版が提供されているため、正式配信は来週以降になるだろう。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPadの噂・最新情報

2021/04/20
Apple、きょう深夜に新商品発表。新型iPadが中心、サプライズ用意?

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/19
iPhone 13、5Gミリ波モデルが日本で発売か

UQ mobile

2021/04/19
UQモバイル、iPhone 11の価格は4.9万円から

NTTドコモ

2021/04/18
ahamo、有料の店頭サポートは1回3300円か
Recommendこんな記事も読まれています