当メディアではアフィリエイト広告を使用しています

iPhone 15で使用するおすすめのUSB-C充電器・充電ケーブルまとめ

bio
Yusuke Sakakura更新日:2023/11/26 20:04
iPhone 15で使用するおすすめのUSB-C充電器・充電ケーブルまとめ

「iPhone 15」 「iPhone 15 Plus」 「iPhone 15 Pro」 「iPhone 15 Pro Max」 は、充電端子がLightningからUSB-C/USB Type-Cに変更されました。

充電端子が変更されたことによって、これまで利用していたLightning端子の充電ケーブル、充電器、その他アクセサリを利用できなくなる場合があります。

この記事では、iPhone 15で利用する際に最適なUSB-C充電器と充電ケーブルをまとめています。

目次

古い充電器は買い替え推奨

Appleは2020年に発売されたiPhone 12から充電器の同梱を廃止しています。

iPhone 15のパッケージにも充電器は入っておらず、同梱されているのはUSB-C充電ケーブルだけです。

iPhone 15の同梱物

また、iPhoneに同梱されていた充電器ほぼすべて(iPhone 11 Proに同梱されていた充電器を除く)にUSB-A端子が搭載されていたため、iPhone 15に同梱されているUSB-C充電ケーブルを挿すことはできません。

古いiPhoneに同梱されていた充電器
古いiPhoneに同梱されていた充電器

Appleが4,780円で販売しているUSB-C – Lightningアダプタを使えば、これまで使っていたiPhoneの古い充電器とLightningケーブルでiPhone 15を充電することも可能ですが、古い充電器の出力はたったの5Wです。

iPhone 15が対応する最大27W出力にはほど遠く充電にはかなりの時間がかかるため、買い替えをオススメします。この記事で紹介する充電器やモバイルバッテリー、充電ケーブルに買い換えることで、約30分間で約50%までiPhoneを充電できる高速充電を利用できます。

充電器と充電ケーブルの選び方

iPhone 15で使用する充電器や充電ケーブルを購入する際は「端子の種類」と「対応する出力」を確認する必要があります。

端子の種類を確認する

まずは端子がUSB-Cであることを確認しましょう。

充電器側の端子を見分けるには、以下の写真を参考にしてください。四角形がUSB-A、楕円形がUSB-Cです。

充電器/モバイルバッテリーのUSB-A端子とUSB-C端子
充電器/モバイルバッテリーのUSB-A端子とUSB-C端子

充電ケーブル側の端子を確認するには以下の写真を参考にしてください。USB-C端子は上から見ると平らで、横から見ると楕円形です。

充電ケーブルのUSB-C端子
充電ケーブルのUSB-C端子

USB-C端子の出力を確認する

Appleは「iPhone 12以降を高速充電するには、20W以上の電源アダプタが必要」と案内しています。

一方で、iPhone 15シリーズが対応する充電出力は最大27Wであることが確認されています。おそらくAppleにとって20W以上の出力で充電する場合は、すべて高速充電ということだと思います。

少しでも安い充電器を選ぶのであれば20W出力以上のUSB-C端子を搭載した充電器を、少しでも充電時間を短縮したいのであれば30W出力以上のUSB-C端子を搭載した充電器を選びましょう。

もちろん充電ケーブルも20W以上の出力に対応した製品が必要です。

iPhone 15にオススメの充電器と充電ケーブル

最も無難な選択はApple純正品の電源アダプタです。

ただし、性能の割にサイズが大きく、重量も重く、プラグも折りたたみできないため、持ち運びが不便。もっと優秀な充電器を以下にまとめます。

とにかく安いUSB-C充電器なら「Anker Nano Charger (20W)」

フル出力・フルスピードの充電器でなくても手ごろで高速充電できればいいなら20W出力の充電器で十分です。
Anker Nano Charger (20W)
Anker Nano Charger (20W)¥ 1,690一般的な20W出力の充電器に比べて約45%の小型化を実現したコンパクトなUSB急速充電器です。自宅用はもちろん、旅行や出張、ちょっとした外出など持ち運びも便利です。対応出力はUSB PD対応の最大20WでiPhoneシリーズを最大3倍速く充電が可能です。なお、PPS対応の表記はありません。

1ポートなら「Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)」

iPhone、iPad、モバイルバッテリーなどを同時に充電する機会がない場合は、30W出力以上のUSB-C端子を1つだけ搭載した充電器で十分です。

超コンパクトながら30W出力に対応したUSB-C端子を搭載。さらに、折りたたみプラグのため持ち運びもカンタンな「Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)」がおすすめです。

Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)
Anker 511 Charger (Nano 3, 30W)¥ 2,7903.5cm四方より小さい超コンパクト設計ながら最大30W出力でiPhoneやMacBook Airに充電が可能な超コンパクトかつ最大3倍速い急速充電器。一般的な30W出力の充電器と比較して約70%の小型化を実現。Anker最小の折りたたみ式プラグ搭載モデルで持ち運びにも最適です。iPhoneなどのスマートフォンだけでなく、タブレット端末やノートPC、Apple Watchなど、幅広い機器に対応。

2ポートなら「Anker 523 Charger (Nano 3, 47W)」

iPhoneのほかにiPadやモバイルバッテリーなどを同時に充電することが多い場合は、複数のUSB-C端子を搭載した充電器を選びましょう。

Anker 523 Chargerは超コンパクトなボディながら最大45W出力のUSB-C端子を2つ搭載しています。2つの端子を同時に使用する場合でも27Wと20Wで充電が可能。例えば、20WでiPhone 15を高速充電しながら、27WでiPadを同時に充電することもできます。

Anker 523 Charger (Nano 3, 47W)
Anker 523 Charger (Nano 3, 47W)¥ 4,990超コンパクトなボディに2つのPD対応のUSB-C端子を搭載した充電器です。1つのポート使用時は最大45Wでスマートフォンだけでなくタブレット、ノートPCまで充電可能。2つのポートを使用して複数の機器を同時に充電する際は最大27Wと最大20W出力で充電可能です。プラグは持ち運びに便利な折りたたみ式です。

高速充電可能なUSB-C搭載モバイルバッテリー

使用しているモバイルバッテリーの端子がUSB-A端子の場合は、20W出力のUSB-C端子が搭載された製品を選びましょう。

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)は、USB-C端子を2つ、USB-A端子を1つ搭載。USB-C端子は最大30W出力でiPhone 15を高速充電できます。

モバイルバッテリーの容量はiPhone 14を2回以上充電できる10,000mAhを搭載しています。

Anker Power Bank (10000mAh, 30W)
Anker Power Bank (10000mAh, 30W)¥ 5,990USB-Cポートを2つ以上搭載した10000mAh帯で世界最小クラスのモバイルバッテリーです。USB PD対応の最大30W出力対応で、スマートフォンやタブレットはもちろん、MacBook Airの充電も可能。さらに、充電の進捗や電池残量をリアルタイムに確認できるディスプレイ付き。USB-Aを使って3台同時充電が可能です。レビュー記事を読む

モバイルバッテリーとしても充電器としても使える2in1

充電器とモバイルバッテリーを1台にまとめたいならAnker PowerCoreシリーズがオススメです。

「Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)」は、ポーチやミニバッグにも収まるコンパクトサイズながら、充電器として利用する場合は30W出力、モバイルバッテリーとして利用する場合は22.5WでiPhone 15を高速充電できます。カラフルな4色ラインナップも特徴です。

複数のデバイスを2in1で充電したいなら「Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)」を選びましょう。充電器として利用する場合は45W出力、モバイルバッテリーとして利用する場合は20Wで充電可能。同時充電する際は充電器で合計45W、モバイルバッテリーで合計18Wです。

どちらもバッテリー容量はiPhone 15を1回未満充電できる5,000mAhです。

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)
Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 30W)¥ 5,490スティック型の2in1充電デバイス。最大30W出力のUSB充電器としてMacBook Airを充電したり、モバイルバッテリーとして最大22.5W出力でスマートフォンを充電できます。バッテリー容量は5000mAhでiPhone 14などのスマートフォンを約1回充電できます。全6色のカラフルラインナップです。
Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)
Anker 521 Power Bank (PowerCore Fusion, 45W)¥ 8,990約20%も小型化されたボディにMacBook Airも充電できる最大45W出力のUSB-C端子を2つ搭載。コンセントに挿して充電できるだけでなく、5,000mAhのモバイルバッテリーとして使える便利な2in1の製品がブラック、ホワイト、パープル、グリーン、ブルーのカラフルなラインナップで登場です。2022年発売レビュー記事を読む

ケーブルなしで利用できるモバイルバッテリー

「Anker 621 Power Bank (Built-In USB-C Connector, 22.5W)」はモバイルバッテリーとUSB-C端子が一体になった製品です。

ケーブルを忘れてもカバンに入れておけばどこでも充電可能。USB-C端子は折りたたみ式のため、他の荷物を傷つけることなく持ち運びできます。

充電出力は最大22.5WでiPhone 15シリーズを高速充電できます。バッテリー容量はiPhone 15を1回未満充電できる5,000mAhです。

Anker 621 Power Bank (Built-In USB-C Connector, 22.5W)
Anker 621 Power Bank (Built-In USB-C Connector, 22.5W)¥ 3,990USB-C端子とモバイルバッテリーが一体になったモバイルバッテリーです。ケーブルを忘れてもこれさえカバンに入れておけばどこでも充電が可能。折りたたみ式の充電端子て他の荷物を傷つけないため持ち運びも便利。ケースをつけたままでも充電できる親切デザイン。最大出力22.5WでiPhone 15を含むスマートフォンを高速充電できます。コンパクトサイズながら5,000mAhの大容量でスマホを約1回充電。パススルー充電対応でバッテリー...

安くて丈夫な充電ケーブル「Anker 543 エコフレンドリー USB-C & USB-C」

Apple純正のUSB-Cケーブルは2,780円と高くて脆いのに対して、Anker 543 エコフレンドリー USB-C & USB-C ケーブルは1,000円未満で丈夫なケーブルです。

対応する出力は100W、転送速度は480Mbpsです。

Anker 543 エコフレンドリー USB-C & USB-C ケーブル 0.9m
Anker 543 エコフレンドリー USB-C & USB-C ケーブル 0.9m¥ 990Anker初のエコフレンドリー素材を採用したケーブル。ケーブルの外装をプラスチック素材100%から60%に削減し、40%はトウモロコシやサトウキビなどの植物由来の素材に変更。パッケージも主に紙を使用することでプラスチック使用量を削減。素材は変えても20,000回以上の折り曲げにも耐えられるなど、肝心のケーブルの耐久性は安心。最大100Wの高出力に対応しているため幅広い機器を急速充電できます。転送速度は480Mbpsです。

絡まない充電ケーブル「Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C」

筆者も愛用している絡まない充電ケーブルです。バッグに入れたり、モバイルバッテリーなどに巻き付けて持ち運んでもコードが絡みにくく出し入れがスムーズ。全7色のカラフルなケーブルで充電器やモバイルバッテリーと色合わせも楽しめます。

対応する出力は100W、転送速度は480Mbpsです。

Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C 絡まないケーブル 0.9m
Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C 絡まないケーブル 0.9m¥ 1,790外装にやわらかいシリコン素材を使用した3層構造によって、これまでのケーブルにはないやわらかさと、絡まりにくさを実現したことでカバンやポーチからの出し入れもスムーズなおすすめのケーブルです。耐久性の兼ね備えていて約25,000回の折り曲げにも耐えられます。Appleによる認可を受けたケーブルのため安心して利用できます。最大出力100W対応、転送速度は最大480Mbpsです。
Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C 絡まないケーブル 1.8m
Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C 絡まないケーブル 1.8m¥ 1,890外装にやわらかいシリコン素材を使用した3層構造によって、これまでのケーブルにはないやわらかさと、絡まりにくさを実現したことでカバンやポーチからの出し入れもスムーズなおすすめのケーブルです。耐久性の兼ね備えていて約25,000回の折り曲げにも耐えられます。Appleによる認可を受けたケーブルのため安心して利用できます。最大出力100W対応、転送速度は最大480Mbpsです。

高速転送・映像出力に対応したケーブル

AirDropしか使わないのであれば無視していいですが、iPhone 15をMacやiPadに有線で接続して大量の写真や動画を送るのであれば、転送速度も気にする必要があります。

iPhone 15とiPhone 15 PlusのUSB-C端子はUSB 2.0仕様で転送速度は最大480Mbpsのため、この記事で紹介したケーブルで問題ありません。

一方、iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro MaxのUSB-C端子は20倍も高速な最大10Gbpsに対応。ProResやProRawといった大容量のデータを取り扱う機会が多いのであれば、高速転送に対応したケーブルがあれば便利です。

また、4機種すべてiPhoneの画面を外部ディスプレイに映し出せるDisplayPortにも対応しています。ここら辺を考え出すと面倒くさい上に価格も高額になります。

メーカーも検証できていないようなので発売から少し経過して安心して購入できるようになってから考えた方が良さそうです。また、データ転送や映像出力用のケーブルと充電用のケーブルは分けた方がいいと思うので、この記事では充電に特化したオススメのUSB-Cケーブルを紹介するに留めておきます。

一応、AppleはiPhone 15と互換性があるとして以下のケーブルを販売していますが、価格は9,980円〜とかなり高額。Ankerからは約1/3以下の価格で購入できるThunderbolt 4ケーブルも販売されています。

Thunderbolt 4 (USB‑C) Proケーブル
Thunderbolt 4 (USB‑C) Proケーブル¥ 9,980絡まずに巻くことができる、1メートルのブラック編組ケーブル。Thunderbolt 3、Thunderbolt 4、USB 4による最大40Gb/sのデータ転送、USB 3による最大10Gb/sのデータ転送、DisplayPortビデオ出力(HBR3)、最大100Wの充電に対応します。Thunderbolt 3/4(USB-C)ポートを持つMacをStudio Display、Pro Display XDRなどのThunderbolt(USB-C)およびUSB対応のディスプレイやデバイスに接続できます。iPhone 15 ProをMacに接続する...
Anker USB-C & USB-C Thunderbolt 4 0.7m
Anker USB-C & USB-C Thunderbolt 4 0.7m¥ 4,390最大100Wのフルスピード充電、8Kの高解像度出力に対応したThunderbolt 4ケーブルです。最大40Gbpsの超高速データ転送も可能で、iPhone 15 Proで撮影した4KやProRes、ProRawといった超大容量のデータ転送も一瞬。iPhone 15の映像を外部ディスプレイに出力することもカンタンです。
コメント
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

質問する際は画面にどういったメッセージが表示されているのか、利用機種・OSのバージョンも書いてください。

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

攻撃的・侮辱的・過激・不快な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

VPNを使った書き込みおよび連投は承認されません。

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています