bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

LINE@:格安SIM / MVNO利用者が年齢認証によって利用できず困っておられるようです

LINEの使い方

LINE@にて格安SIM(MVNO)の利用者が年齢確認できなくて困っておられるようです

コミュニケーションツールとしての位置を確立した「LINE」、ドコモなどが提供しているキャリアメール(@docomo.ne.jpのメール)よりも頻繁に使っているという人も多いのではないでしょうか?

LINEは、メールのような個人間のコミュニケーションツールとして利用される機能を持ちながら、企業が公式アカウントを作ってクーポンを配信したり、新商品の情報を告知したり、芸能人がファンとのコミュニケーションを取るためにメッセージや動画を配信できる「LINE@」という機能も利用することができます。

この「LINE@」、これまでは法人向けの利用がメインとなっていたわけですが、先日、個人向けにも解放されたことで、ブロガーや著名人など個人で活動する人など幅広いユーザーが利用できるようになりました。ただ、格安SIM(MVNO)が普及したことによって「LINE@を使うことができない」という声が多数あがっているようです。

格安SIM(MVNO)では「年齢認証」ができず、「LINE@」でアカウントを作成できない

LINEでは、青少年保護のために2012年12月より順次、「年齢確認サービス(年齢認証)」を導入しています。これによって、年齢確認ができない場合は、LINEでは基本的にID検索機能を利用することができなくなりました。また、「LINE@」では各種情報を配信するアカウントそのものを作成することができません。

LINE@にて格安SIM(MVNO)の利用者が年齢確認できなくて困っておられるようです

で、この年齢確認サービスがとてもやっかいで、今のところ格安SIM(MVNO)では利用することができません。年齢確認サービスを利用するには、ドコモやau、ソフトバンクの回線が必要となる(docomo IDだけではNG)ほか、spモードなどの契約が必要になります。

これは、キャリアのサービスから格安SIMに完全移行する時の1つの注意点ではありますが、通信速度や対応端末に比べてあまり語られることがないため、今回、「LINE@」でアカウントを作成する際に初めて知ったという人も多いようです。

日本では、格安SIM(MVNO)が普及し始めており、2015年は利用者がさらに増えることが予想されますが、おそらくLINEやMVNO事業者からは年齢確認サービスの早急な解決策は出てこないと思います。これからキャリアのサービスから格安SIMに移行する、移行したいと考えてる人は注意点として頭に入れておくと良いかと思います。

▼携帯総合研究所のLINE@アカウントを作ってみました。スマートフォンの便利な使い方、ワザなどを配信しています。会話などしてみると良いことあるかも!?

友だち追加数
プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone SE

2018/07/19
LINEモバイル、「iPhone SE」の販売開始。価格は30,800円から

スマホアプリ

2018/07/19
最大1,000円オフ、ドラゴンクエストVII・VIIIの期間限定セールが開催中

インスタグラム

2018/07/18
インスタグラム、新しい2段階認証を近くリリース。SMS・電話番号不要に

iPhoneの噂・最新情報

2018/07/17
新型iPhone、3モデルの画面パーツ流出。すべて顔認証「Face ID」に
Recommendこんな記事も読まれています