Nothing Phone (1)、Android 13ベータを年内提供。正式版は2023年初頭を目標に

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/08/24 21:28

Nothing Phone (1)、Android 13ベータを年内提供。正式版は2023年初頭を目標に

買い替えサイクルの長期化に伴い、GoogleやSamsungなどのスマートフォンメーカーがアップデートの長期保証に注力しています。

Nothing Phone (1)を発売したNothingも同様に、3年間のOSアップデートと4年間のセキュリティアップデートを保証していますが、GoogleやSamsungのような実績がないため、本当に実現できるのか不安を感じているユーザーは少なくないでしょう。

そういったなかで、NothingのCEOであるCarl Peiは、TwitterでAndroid 13のアップデート時期を聞かれても明確に答えず後日企業の正式回答として2023年上半期予定と案内していました。

Android 13はデザインを刷新した昨年のAndroid 12とは大きく異なる小規模なアップデートで、Nothing OSがピュアなAndroidに近いにも関わらず最大10ヶ月も待つ可能性があることから、好意的な反応を得られていません。

これを受けたNothingのCarl Peiは、発売以来製品に対する感想を注意深く監視して、3回のアップデートによってカメラの画質や電池持ちを改善してきたと実績を紹介した上で、ユーザーエクスペリエンスを犠牲にしてまでアップデートを急ぐことはないと方針を説明。

Android 13のアップデートも同様の方針で取り組み、年内にAndroid 13ベータ版を提供し、2023年初頭に正式版のリリースを目指すと案内しています。

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています