bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Pixel 4のコードネームが明らかに。メモリは6GBに増量の可能性も

Pixelの噂・最新情報

Pixel 4のコードネームが明らかに。メモリは6GBに増量の可能性も

今月に入って明確に存在が確認された「Pixel 4」シリーズ。

Pixelが毎年秋の後半に発売されていることを考えるとまだ発売は先と予想されるがGoogleはすでに各所で「Pixel 4」の発売に向けて対応しているようだ。

「Pixel 4」は今年も2機種をラインナップか

「Pixel 4」シリーズのコードネームが発見されたのはまたしてもAndroidのソースコード管理プロジェクト「AOSP」で採用されているレビューシステムGerrit

Gerritには、Pixel XLの“marlin”、Pixel 2シリーズの“wahoo”、Pixel 3 XLの“crosshatch”、一時Googleストアに登場するなど発売間近とされているPixel 3a XLの“bonito”を含むファイル名のリストが投稿された。

ここには発売済みの製品とリンクしないコードネーム“coral”と“needlefish”も含まれている。

9to5Googleはベータ版のGoogleアプリを解析し、「Pixel 4」が“coral”とリンクしていることを発見した。「Pixel 4 XL」は“flame”となるようだ。

Pixel 4のコードネーム

GoogleのPixelシリーズには海洋生物にリンクするコードネームが付けられてきた。調べたところ“coral”はスズメダイで“flame”はテンジクダイとなる。

今年1月には“Google Coral”の名前でベンチマークスコアが登場していた。CPUにはSnapdragon 855を搭載、メモリは6GBを示していた。この“Google Coral”が「Pixel 4」であるとは断言できない。発売日までに変更されることも十分に考えられが、当時、Googleと“coral”を紐づける情報や報道がなかったことを考えると、“Google Coral”が「Pixel 4」である可能性は低くないのかもしれない。

なお、ベータ版のGoogleアプリから発見された「Pixel 4 XL」のコードネーム“flame”はGerritからは発見されず、逆にGerritから発見された“needlefish”はベータ版のGoogleアプリからは発見されていない。

将来的にどちらかに置き換わるのか、別の未発表デバイスにリンクするコードネームなのかもしれない。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2020/07/06
Android版Chrome、ようやく64bit対応へ

iPhoneの噂・最新情報

2020/07/05
iPhone 12、最小モデルは初代“SE”に代わるサイズ感に?

iPhoneの噂・最新情報

2020/07/04
Apple「iPhoneの充電器どうしてる?」と調査実施。同梱廃止の予兆か

セール

2020/07/04
過去最安値、「Fire TV Stick」が2,000円オフに
Recommendこんな記事も読まれています