Pixel 6シリーズ、Android 13から12へのOSダウングレード不可。Google Tensorが要因か

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/08/16 3:45

Pixel 6シリーズ、Android 13から12へのOSダウングレード不可。Google Tensorが要因か

PixelスマートフォンがiPhoneよりも優れているところはいくつかありますが、マニアックなポイントの1つにOSのダウングレードがあります。

最新のOSにアップデートした後に動作が不安定だったり、特定のアプリが動作しないと気づいた場合は、初期化を伴うものの、Googleが公開しているファクトリーイメージを使ってOSを戻すことができます。

しかしながら、Pixel 6シリーズの3機種については今日公開されたばかりのAndroid 13からAndroid 12へのダウングレードが不可能なようです。

セキュリティ対策によるダウングレード規制か

Googleによると、Pixel 6シリーズ向けのAndroid 13アップデートには、アンチロールバックバージョンのインクリメンタルが含まれるブートローダーのアップデートが含まれることから、Android 13にアップデートすると、ファクトリーイメージを使ってAndroid 12に戻すことはできないとのこと。

Warning: The Android 13 update for Pixel 6, Pixel 6 Pro, and the Pixel 6a contains a bootloader update that increments the anti-roll back version. After flashing an Android 13 build on these devices you will not be able to flash older Android 12 builds.

具体的な説明をしていませんが、AppleのiOSと同様にダウングレードを規制することで、旧バージョンで影響を受けやすい脆弱性からユーザーを守るセキュリティ対策と考えられます。

なお、ダウングレードを規制するアンチロールバックは、Pixel 6シリーズのみとなっていることから独自チップのGoogle Tensorに要因があると考えられます。

今年秋に発売予定のPixel 7シリーズも含めて、今後発売されるGoogle Tensorを搭載したPixelスマートフォンは、ダウングレードが不可能になる可能性が高そうです。

なお、Appleはマイナーバージョンでも細かくダウングレード規制を実施していますが、GoogleはAndroid 12のマイナーバージョンでは実施していませんでした。もしかするとメジャーアップデートごとに規制をしていく方針かもしれません。

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています