Pixel 6aの画像初公開。ついにイヤホン端子廃止か

bio
Yusuke Sakakura

Pixel 6aの画像初公開。ついにイヤホン端子廃止か

Googleが今年10月に発売したフラグシップモデルのPixel 6シリーズは、独自チップセット「Google Tensor」を搭載し、背面を横断する黒いカメラバーを採用した新デザインを導入するなど、過去最大のアップデートになりました。

例年どおりであれば、来年の夏には性能と価格を抑えた廉価版の「Pixel 6a」が発売されるはずです。正式発表はまだまだ先ですが、多数の実績があるOnLeaksによってPixel 6aのデザインや基本的なスペックが公開されました。

Pixel 6aは上位モデルと同じデザインを採用

OnLeaksが公開した「Pixel 6a」のレンダリング画像によると、Pixel 6と同じデザインを採用するようです。これまでもPixel aシリーズは、フラグシップモデルと同じデザインを採用していたので大きな驚きはありません。

Pixel 6シリーズと同じデザイン言語を採用か

Pixel 6シリーズと同じデザイン言語を採用か

ベースのデザインは「Pixel 6」で、ややベゼルの幅が狭くなったフラットなパンチホール付きの6.2インチ有機ディスプレイを搭載。光沢付きのガラスを使用した背面には本体を横断する黒いカメラバーを備えます。ボディの素材が変わったことで、待望のワイヤレス充電に対応するかもしれません。

フレームの右側にある音量調整ボタンと電源ボタンも同じ。本体サイズは約152.2 x 71.8 x 8.7mm。カメラも含めた最大の厚みは約10.4mmとのこと。Pixel 6に比べてひとまわり小さいサイズです。

底面にはUSB-Cとスピーカー/マイク用のグリル、左側面にはSIMカード用のトレイが確認できます。これまでPixel aシリーズにはイヤホン端子が搭載されていましたが、公開されたレンダリング画像のどこにもイヤホン端子は見当たらず、残念ながらPixel 6aで廃止になる可能性が高そうです。

2つのレンズとシングルLEDフラッシュで構成されるカメラ

2つのレンズとシングルLEDフラッシュで構成されるカメラ

最大の注目はチップセットですが、現行モデルと同じSnapdragaonを採用するのか、それとも独自のGoogle Tensorを採用するのかは現時点で不明。Snapdrgonを開発するQualcommがGoogleに対して冗談のような喧嘩をふっかけたことを考えると、Google Tensorが搭載されてもおかしくないかもしれません。

RAMやストレージの容量もわかりませんが、多くのPixelユーザーがAppleのiPhone SEのように最新のチップセットが搭載されることを望んでいるはず。実現すれば5年間のセキュリティアップデートも期待できます。

なお、Googleが折りたたみ式のスマートフォン「Pixel Fold」を開発中で年内発売との噂もありましたが、最近になって開発が中止になったと報じられています。Pixel Foldの情報は、AndroidやGoogleアプリの内部から明らかになったものがほとんどで具体的なリークはありません。

そういったなかでPixel 6aの情報がリークされたことを考えると、少なくともPixel FoldがPixel 6aより先に発売される可能性は低いと予想されます。

Pixel 6aPixel 6Pixel 5a
サイズ約152.2 x 71.8 x 8.7~10.4mm158.6 x 74.8 x 8.9mm156.2 x 73.2 x 8.8mm
ティスプレイ
  • 6.2インチ有機EL
  • パンチホール
  • 6.4インチ有機EL
  • パンチホール
  • 6.34インチ有機EL
  • パンチホール
カメラ
  • デュアルカメラ
  • デュアルカメラ
  • 50MP 広角カメラ
  • 12MP 超広角カメラ
  • デュアルカメラ
  • 12.2MP 広角カメラ
  • 16MP 超広角カメラ
チップセット?Google TensorSnapdragon 765G
イヤホン端子XX

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています