bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

スマホOS別シェア:iPhoneが初のマイナス、Androidとの差は10%未満に

ニュース

OS別シェア、Androidが猛追、iPhoneとの差が10%未満に

Photo by victoria white2010

MM総研が、2015年の携帯電話・スマートフォンの出荷概況を発表しました。

携帯電話とスマートフォンを合わせた総出荷台数は3,577万台で6.6%減。スマートフォンの出荷台数は2,758万台で0.4%の微増になりました。

発売以降、右肩上がりで出荷台数を増やしてきたiPhoneは初のマイナスを記録しています。

メーカー別のシェアはアップルが4年連続1位も、iPhoneは初のマイナスに

2015年のメーカー別出荷台数シェアは、アップルが4年連続で1位を獲得したものの、初めて前年を下回る結果に。2位はソニー、3位シャープとなっています。

OS別シェアでは、iOSが前年比6%減、逆にAndroidが6%増となり、2014年に20%近い差を付けたシェアは約7%まで縮まりました。

OS別シェア、Androidが猛追、iPhoneとの差が10%未満に

アップルが先月発表した2016年度第1四半期(2015年10月〜12月)の決算によると、全世界のiPhoneの販売台数はわずか0.4%の成長に留まり、過去最低の伸びに。さらに、日本の業績は-12%のマイナス成長を記録、主要国別では最低の成長率を記録しており、苦戦した結果が国内のOS別シェアにもそのまま出た形になっています。

なお、MM総研の調査結果にはSIMフリーのスマートフォンは集計されていません。

auは先日開催した決算会見にて解約率が上昇した原因のひとつにMVNO(格安スマホ)への乗り換えが増えたことをあげていることや、BCNランキングによるとSIMフリーでは12,000円〜25,000円の価格帯が上位に位置していることを考えると、格安スマホを含めた場合のシェアはもう少し縮まるものと思われます。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2020/07/16
au、5Gスマホ「OPPO Find X2 Pro」を7月22日発売。価格は9.2万円

ソフトバンク

2020/07/16
ソフトバンク、「OPPO Reno3 5G」を7月31日発売。価格は6.8万円

Apple Watch

2020/07/16
watchOS 6.2.8が公開。日本に心電図機能来ず

iOS 13

2020/07/16
iOS 13.6が公開。iPhoneが車の鍵になる新機能を追加
Recommendこんな記事も読まれています