USJ、任天堂エリア「スーパーニンテンドーワールド」はスマホ連動の体験型テーマパークに

Yusuke Sakakura

USJ、任天堂エリア「スーパーニンテンドーワールド」はスマホ連動の体験型テーマパークに

Credit: ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

1月14日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが、任天堂のキャラクターと世界観をテーマにしたエリア「SUPER NINTENDO WORLD」(スーパーニンテンドーワールド)の最新情報を公開した。

リアルに叩ける「はてなブロック」やユーザーと協力した体験型ゲームも

「スーパーニンテンドーワールド」は、任天堂ゲームの世界を圧倒的なクオリティとスケールで再現したエリアで、ゲームの世界を等身大で体験できるという。

エリアでは、世界最新鋭の技術でゲームとアトラクションを融合させた究極リアルな「マリオカート」やヨッシーの背中に乗ってマリオの世界をめぐるファミリー向けのライドアトラクションが用意されている。

また、新たに公開された「パワーアップバンド」とスマートフォンにダウンロードしたUSJアプリを連携させると、エリア内に設置されたリアルに叩ける「はてなブロック」を叩いてコインやスターが獲得できるそうだ。

パワーアップバンド

パワーアップバンドと連動するスマホアプリ

コインは特定の条件をクリアして獲得することも可能。集めたコインの枚数をユーザー同士でリアルタイムに競えるランキングや他のユーザーと協力して敵キャラクターと対戦できることによってゲームのキャラクターになったような体験ができるそうだ。

なお、パワーアップバンドは、マリオのほかにルイージやピーチ姫、キノピオ、ヨッシーなどマリオのキャラクターごとに全6種類のデザインが用意される。バンドの価格は明らかにされていないが、有料で販売されるとのこと。

「スーパーニンテンドーワールド」のオープン時期は東京オリンピックの開催前とのことで、7月24日までにオープンするようだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています