bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

VAIOスマホはAndroid 5.0を搭載、ディスプレイは5インチのHD液晶に

ニュース

VAIOスマホのOSなど一部スペックが明らかに――複数のベンチマークに登場

2月中に発売と案内されながら、いまだ正式な発表がない「VAIOスマホ」ですが、複数のベンチマークに登場していることが明らかになりました。

また、ベンチマークスコアとともにOSや各種スペックも明らかになっています。

VAIOスマホはAndroid 5.0を搭載、ディスプレイは5インチのHD液晶に

VAIOスマホのパッケージが明らかにされた際、パッケージの側面に型番と思われる「VA-10J」がプリントされていました。

この型番を元にGFXBenchで検索してみたところ「VAIOスマホ」の型番と一致するスコアがヒット、さらにスペックも明らかになりました。

VAIOスマホのOSなど一部スペックが明らかに――複数のベンチマークに登場

GFXBenchに記録された測定結果からは、OSにAndroid 5.0 Lollipopを搭載し、ディスプレイは5インチ、HD液晶(1280×720ピクセル)を採用していることがわかります。

そのほか、CPUはクアルコム製のSnapdragon 410で、1.2GHzのクアッドコアとなることがわかります。GPUには、Adreno 306を搭載。RAMは2GBでROMは16GBとなる模様。

カメラは、1200万画素でフルHDの動画撮影に対応。オートフォーカスやHDR、タッチフォーカスといった機能をサポート。フロントカメラには480万画素のものが搭載されるようです。

このほかにもシングルSIM、NFC非対応となることが明らかになっています。

CPUがSnapdragon 410、GPUがAdreno 306ということでベンチマークスコアは、日本でも格安SIMを提供する事業者から発売されているファーウェイ製の「Ascend G620S」にとても近いものになっています。

Blog of Mobileによれば、Geekbench Browserにも登場しているとのことです。Geekbench Browserでは1月23日に計測されています。

VAIOブランドのスマートフォン「JCI VA-10J」がGeekbench Browserの測定結果に登場した。

引用元:blog of mobile » Blog Archive » VAIOブランドのスマートフォンJCI VA-10Jがベンチマークに登場、台湾のQuantaが製造

VAIOスマホの最大の特徴はデザインにあるとされています。格安スマホ市場に投入されるということで、スペックと性能についてはやはり高くないものになるようなので、VAIOスマホのボディデザインやOSのデザイン、販売価格などに期待したいと思います。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

災害情報

2018/09/26
Wi2、災害用無料Wi-Fi「00000JAPAN」を安全に利用できるVPNを無償提供

iPhone XS / XS Max

2018/09/26
iPhone XS、ワイヤレス充電が高速化。フル充電までの時間が30分短縮

iPhone XS / XS Max

2018/09/25
iPhone XS/XS Max、Wi-Fiや4G/LTEの通信が不安定になる不具合発生か

iOS 12

2018/09/25
Apple、リアルタイムのボケ調整機能を「iOS 12.1」で追加へ
Recommendこんな記事も読まれています