bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2013-04-05 12:15:09
  • トップページ
  • ニュース
  • 2012年12月~2013年2月のスマホシェア、AppleとiOSが急伸。GoogleとAndroidは大幅減に。
  • 2013年1月のスマホシェア、AppleとiOSが急伸。GoogleとAndroidは大幅減に。
    Photo By Tsahi Levent-Levi
    米調査会社のcomScoreが2013年1月2012年12月~2013年2月における米国のスマートフォン市場におけるOSシェアとメーカーシェアの調査結果を公開しました。
    情報元
    comScore Reports February 2013 U.S. Smartphone Subscriber Market Share – comScore, Inc

    AndroidとiOSのシェアが90%に。

    OS別のシェアでは2012年12月前回より3.9%も上昇させたAppleが伸び率で首位を獲得。一方でGoogleは2%も減少させています。
    2013年1月のOS別シェアーcomScore調べ

    第3のOSとしてはBlackBerryも1.9%の大幅減、Microsoftは0.2%と若干上昇させています。

    メーカー別のシェアではAppleが3.9%も上昇(OSと同値)させてこちらも首位を獲得。2位は1%上昇させたサムスンとなっています。
    2013年1月のメーカー別シェアーcomScore調べ

    シェアを上昇させたのはAppleとサムスンの2社でHTC、Motorola、LG電子いずれもシェアを落とす結果となっています。

    ということでOSではAppleとGoogleが、メーカーではAppleとサムスンが2強体制を築く結果となっています。

    【2013/04/05 20:05 更新】
    2013年1月の調査結果としていましたが、2012年12月~2013年2月の平均値の間違いでした。当該箇所を修正しています。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー