bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • スマホアプリ
  • 話題のデリバリーアプリ「UberEATS(ウーバーイーツ)」の使い方を解説
  • 話題のデリバリーアプリ「UberEATS(ウーバーイーツ)」の使い方を解説

    スマホで注文できるデリバリーサービスには「LINEデリマ」「楽天デリバリー」「出前館」など多数ありますが、その中でも話題になっているのが「UberEATS(ウーバーイーツ)」

    話題の理由クリスプサラダワークス、筋肉食堂、タコベル、バーガーマニア、クリスピー・クリーム・ドーナツ、さらに大戸屋といった他のサービスではデリバリーできない店舗の料理もデリバリーできることです。

    この記事では話題のデリバリーアプリ「UberEATS(ウーバーイーツ)」の使い方を解説します。

    目次

    「UberEATS」とは?

    話題のデリバリーアプリ「UberEATS(ウーバーイーツ)」の使い方を解説

    「UberEATS(ウーバーイーツ)」とは、全世界600以上の都市で10億回以上利用されている乗車サービス「Uber」を運営するウーバー・テクノロジーズが提供するデリバリーサービスです。

    スマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードしてボタンを数回タップするだけでタクシーや一般人が運転する自家用車をタクシー代わりに利用できる画期的なサービスは世界中で大きな話題に。Uberで高い評価を得たシステムは「UberEATS」にも導入され、通常のデリバリーは一線を画すサービスを提供しています。

    通常のデリバリーサービスは出前を注文した店舗のスタッフがバイク等で配達するのに対し、「UberEATS」はUberのスタッフが出前をバイクや自転車等で配達します。この配達の仕組みによって店舗側は配達人員を用意する必要がないため、デリバリーを提供しやすく、通常は出前を受け付けていない店舗でも「UberEATS」ならデリバリーできてしまうというわけ。

    話題のデリバリーアプリ「UberEATS(ウーバーイーツ)」の使い方を解説

    UberEARSの配達員

    なお、UberEATSの配達スタッフは一般で募集をかけた人たち、つまり、Uberで働く社員ではなく一般の人が自宅までやってくるわけですが、事前に身分証明書や配達に利用するバイクのナンバープレートを提出する必要があるほか、講習会に参加し、書類審査を含めた配達員の登録を行っているため、安心して利用できます。さらに、アプリで注文した時点で料金の支払いは終わっているため、「家の前に置いといてください」とお願いすれば顔を合わせることなく商品を受け取ることができます。

    「UberEATS」の特徴(最低注文額・対応エリア・注文時間)

    「UberEARS」は、2016年9月29日から東京都の一部地域でサービスを開始し、本日2017年10月24日時点で足立区、葛飾区、江戸川区を除く東京23区内と神奈川県・横浜(一部地域を除く)で利用できます。

    「UberEats」の料金は商品代金のほかに税込み一律380円の配送手数料が必要。複数の店舗で商品をデリバリーした場合、380円×店舗数の配送手数料がかかります。デリバリーを注文できる時間は店舗や天候(台風など悪天候時は利用できない)に寄りますが午前10時から午後11時まで利用できます。

    他のデリバリーサービスでは、店舗ごとに最低注文金額が設定されていて、例えば“2,500円以上を注文してくれないとデリバリーできません”といったメッセージが表示されることもありますが、UberEATSにそういった制限はありません。1個からでも、1円からでもデリバリーできます。

    「UberEATS」の特徴まとめ

    • デリバリーできるのは東京23区や神奈川県・横浜の一部エリア(順次拡大中)
    • 配達手数料は一律380円
    • 営業時間は午前10時から午後11時まで(店舗によって異なる)
    • 最低注文金額・個数なし
    • 他のサービスではデリバリーできない店舗が充実
    • 配達員と顔を合わさずに商品を受け取れる

    「UberEats」の使い方

    話題のデリバリーアプリ「UberEATS(ウーバーイーツ)」の使い方を解説

    アプリをダウンロードする

    まずは「UberEATS」アプリをスマートフォンやタブレットにダウンロードしましょう。以下のボタンからApp StoreまたはGoogle Playからアプリをダウンロードできます。

    UberEATS - フードデリバリー

    アカウントを登録する

    「UberEATS」を利用するにはUberアカウントが必要になるため「登録」をタップします。メールアドレス、携帯電話番号(SMSが受信可能な番号)、パスワードを入力して「次へ」をタップします。

    「UberEats」の使い方 - アカウントを登録する 「UberEats」の使い方 - アカウントを登録する
    Uberアカウントに登録する

    次に姓・名を入力し、必要であればプロフィールアイコンを選択して「完了」をタップします。次にUberEATSの決済に利用するクレジットカードを登録します。カード番号を手入力するか「カードのスキャン」をタップしてスマートフォンのカメラでカードをスキャンします。登録できるクレジットカードはVISA/MasterCard/JCB/AMEX/Dinersです。

    「UberEats」の使い方 - アカウントを登録する 「UberEats」の使い方 - アカウントを登録する
    クレジットカードを登録する

    クレジットカードの登録が完了すると位置情報の許可を求められるので「許可」をタップします。次に配達先の住所を入力して「追加」ボタンをタップします。UberEATSは自宅はもちろん、花見会場など屋外にも配達してくれます。

    「UberEats」の使い方 - アカウントを登録する 「UberEats」の使い方 - アカウントを登録する
    配達先の住所を入力する。あとから変更可能

    住所の入力を終えたら登録した携帯電話番号にSMSでコードが送信されるので入力したらアカウントの登録は完了です。

    「UberEats」の使い方 - アカウントを登録する 「UberEats」の使い方 - アカウントを登録する
    確認コードを入力するとアカウントの登録が完了する

    配達先に自宅や勤務先を登録する

    自宅や勤務先などよく利用する配達先は“保存済みの位置情報”として登録しておくと、毎回、住所を入力する必要なくカンタンに注文できます。

    配達先に自宅や勤務先を登録するには画面右端のプロフィールタブを選択して「設定」→「ホーム」または「勤務先」をタップします。

    「UberEats」の使い方 - 配達先に自宅や勤務先を登録する 「UberEats」の使い方 - 配達先に自宅や勤務先を登録する
    よく利用する自宅または勤務先の住所を入力する

    住所を入力して「追加」ボタンをタップして最後に「完了」ボタンをタップすると、自宅または勤務先の登録は完了です。

    「UberEats」の使い方 - 配達先に自宅や勤務先を登録する 「UberEats」の使い方 - 配達先に自宅や勤務先を登録する
    自宅・勤務先へのデリバリーがカンタンになる

    プロモーションコードを利用する

    初回注文前にアプリから「プロモーションコード」を入力すると、初回と2回目までの注文が1000円オフでデリバリーできます。プロモーションコードはUberEATSを利用している友だちから紹介してもらったコードを入力します。なお、紹介してもらった友だちは次回、UberEATSで注文すると2000円オフになります(3ヶ月の利用期限付き、紹介の回数制限はなし)。よければ僕のコード「eats-hfnen」を使ってください。

    プロモーションコードを入力するには画面右端のプロフィールタブを選択して「プロモーション」をタップしてコードを入力後、「適用する」ボタンをタップします。

    「UberEats」の使い方 - プロモーションコードを利用する 「UberEats」の使い方 - プロモーションコードを利用する
    プロモーションコードを入力

    プロモーションコードの入力に成功するとクーポンが表示され、注文時にクーポンが適用されていることを確認できます。

    「UberEats」の使い方 - プロモーションコードを利用する 「UberEats」の使い方 - プロモーションコードを利用する
    プロモーションコードは注文時に「割引」として表示される

    友だちに自分のプロモーションコードを教えたい場合はプロフィールタブで「無料フード体験」を選択するとプロモーションコードが表示されるのでLINEやメールなどで教えてあげることができます。

    「UberEats」の使い方 - プロモーションコードを利用する 「UberEats」の使い方 - プロモーションコードを利用する
    自分の招待コードも設定画面から確認できる

    「UberEATS」で注文する

    UberEATSの注文方法もほかのデリバリーサービスとは少し異なります。急いでるときは配達時間が早いお店をピックアップしたり、価格帯やダイエットで食事制限している場合は太りにくい「ベジタリアン」を指定してデリバリーできます。

    注文するにはホーム画面を表示して、“レストランを並べ替える”をタップして「並べ替え」「価格」「食事制限あり」のタブをタップしてそれぞれの条件を指定します。

    「UberEats」の使い方 - 「UberEATS」で注文する 「UberEats」の使い方 - 「UberEATS」で注文する
    条件を指定して店舗を絞り込む

    条件で指定した店舗が表示されたら画面を下にスクロールしてデリバリーしたい店舗を選択しましょう。商品とトッピングなどのオプションを選んだら「カートに追加する」ボタンをタップします。

    「UberEats」の使い方 - 「UberEATS」で注文する 「UberEats」の使い方 - 「UberEATS」で注文する
    店舗と商品を選んでカートに追加する

    デリバリーする商品を決めたら「カートを見る」ボタンをタップして注文内容や配達先、金額、支払い方法を確認して「注文する」ボタンをタップするとデリバリーがスタートします。

    「UberEats」の使い方 - 「UberEATS」で注文する 「UberEats」の使い方 - 「UberEATS」で注文する
    注文内容を確認して「注文する」をタップ

    なお、「今日は中華が食べたい気分」というときは検索タブを選択するとデリバリー可能な店舗を中華料理やハンバーガーなどカテゴリごとに表示することができます。

    「UberEats」の使い方 - 「UberEATS」で注文する 「UberEats」の使い方 - 「UberEATS」で注文する
    カテゴリから商品を注文することも可能

    商品を受け取る

    注文が完了すると、配達予想時間やいま調理をしているのか、配達員が今どこにいるのかをリアルタイムで地図で確認できるなど注文のステータスを確認できます。

    「UberEats」の使い方 - 商品を受け取る 「UberEats」の使い方 - 商品を受け取る
    注文のステータスをリアルタイムで確認できる

    配達員が迷っている時や配達先を変更したい場合は電話またはチャットを使って配達員と連絡を取ることができます。なお、チャットはSMSを利用しますがこちらの電話番号はわからないようになっているので安心して利用できます。

    「UberEats」の使い方 - 商品を受け取る 「UberEats」の使い方 - 商品を受け取る
    チャットを使って配達員と連絡も取れる

    注文をキャンセルする

    UberEaTSの注文をキャンセルは注文のステータスが「レストランに注文を確認しています」の時だけアプリから注文をキャンセルできます。表示されていない場合はUberEATSのサポートセンター(03-4510-1243)に電話で問い合わせる必要があります。

    「UberEats」の使い方 - 注文をキャンセルする 「UberEats」の使い方 - 注文をキャンセルする
    アプリから注文をキャンセルできる時間はごくわずか

    店舗と配達員を評価する

    商品を受け取ったら店舗と配達員を評価しましょう。これも数回のタップ操作だけで完了します。

    注文タブを選択して「注文を評価する」を選択すると評価画面が表示されます。良い・悪い、5段階の星評価だけでカンタンに評価することができます。評価しても何か特典があるわけではありませんが、次にサービスを利用する時や他のUberEATS利用者の役に立つほか、対応が悪い配達員にしっかりと悪い評価を付けることで配達員全員の品質を維持することができます。

    「UberEats」の使い方 - 店舗と配達員を評価する 「UberEats」の使い方 - 店舗と配達員を評価する
    店舗と配達員を評価する
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    スマホアプリの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー