bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Uber Eats、配送料一律380円を変更。混雑時は3倍・1,000円を超えるケースも

ニュース

UberEats、配送料一律380円を変更。混雑時は1,000円を超えるケースも

スマホで注文できるデリバリーサービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」が一律380円としていた配送料を変更していたことがわかった。混雑時などは数百円が上乗せされて倍以上になるケースも確認できている。

混雑時の配送料金は変動製で上乗せに

2016年9月に日本でもサービスがスタートした「Uber Eats」。サービス開始当初は配送料無料キャンペーンが実施され、その後配送料が一律380円となっていたが、2018年5月ごろから混雑時などに料金が上乗せされているようだ。

配送料金が上乗せされている場合、UberEatsのアプリで確認できるレストランのリスト画面に配送料金アップを示す「↑」が表示される。上乗せされる配送料金はレストランを選択して待ち時間や評価の下に表示される“この地域は混雑しているため、配送料金が通常よりも¥760高くなっています。”といったメッセージで確認する。

配送料金アップを示すアイコン 配送料金の上乗せメッセージ

上乗せされる配送料金は一律ではなく変動制で182円、338円、380円、635円、760円といった料金が確認できた。配送料金が3倍になり、注文する商品を超えるケースもある。

1,000円を超える配送料金

Uber Eatsからプレスリリースによる発表はないが、よくある質問を確認すると、特定のエリアの注文件数が稼働可能な配達パートナーの数を上回った場合に通常より高い配送手数料を支払うことで希望の料理をより確実に届けやすくなるといった表記があった。なお、配送料金の上乗せは混雑している特定のエリアでのみ適用され、配送料金はサービスを利用するユーザーの数や稼働している配達パートナーの数によって計算されるとのこと。

混雑エリアの配送手数料が高くなる理由を教えてください

信頼性を確保するために通常より高い配送手数料をお支払いいただく場合があります。特定のエリアの注文件数が稼働可能な配達パートナーの数を上回った場合等、通常より高い配送手数料をお支払いいただくことで、ご希望の料理をより確実にお届けしやすくなります。

混雑時は、その都市にある全てのレストランの配送手数料が高くなるということですか?

通常より高い配送手数料は、Uber Eats のサービスが特定のエリアで混雑している場合に限り適用されるものであり、注文件数と配達パートナーの数の釣り合いが取れているエリアでは 配送手数料は高くなりません。

混雑エリアの配送手数料の計算方法を教えてください

配送手数料は変動制であり、サービスを利用するユーザーの数や、稼働している配達パートナーの数に基づいて計算されます。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2018/10/20
ドコモ、MNPの「iPhone X」を一括価格1.5万円に値下げ

iPadの噂・最新情報

2018/10/20
新型iPad Pro(2018)の噂まとめ 発売日・発表日・価格・スペックなど

ニュース

2018/10/19
ファミリーマート、スマホのバーコード決済に対応へ〜LINE Payなど6種類

Apple Watch

2018/10/19
MacBookでの充電に最適な「Apple Watch磁気充電 - USB-Cケーブル(0.3m)」が発売
Recommendこんな記事も読まれています