bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhone X / 8
  • 「iPhone X」でSiriを使う・起動する方法
  • 「iPhone X」でSiriを使う・起動する方法

    iPhone 8/iPhone 8 Plusまではホームボタンを長押しすることで「Siri」を起動して音声アシスタント機能を使うことができたが、ホームボタンが廃止された「iPhone X」ではSiriの使い方、起動の仕方が変わっている。

    この記事では「iPhone X」でSiriの起動画面の出し方、使い方を紹介する。

    目次

    サイドボタンを長押しする

    サイドボタンを長押しする

    まずは設定画面から「Siri」を有効にする必要があるため、iPhone Xの設定から「Siriと検索」を選択して「サイドボタンを押してSiriを使用」をタップする。ポップアップが表示されるので「Siriを有効にする」を選択すると、iPhone Xのサイドボタンを長押しすることでSiriが起動する。

    サイドボタンを長押しする サイドボタンを長押しする
    設定画面で「Siriと検索」を選択

    Hey Siriで起動する

    「iPhone X」はサイドボタンに割り当てられている機能が多いため、Siriを起動しようとしてApple Payが起動したり、スクリーンショットを撮ろうとしてSiriが起動することも多い。

    困っている場合は「サイドボタンを押してSiriを使用」をオフにして「“Hey Siri”を聞き取る」だけをオンにすると良い。画面の案内に従って設定を進めるとHey Siriがオンになる。

    サイドボタンを長押しする サイドボタンを長押しする
    設定画面で「Siriと検索」を選択

    キーボードの文字入力で「Siri」を使う

    iOS 11の新機能として「Type to Siri」が追加された。これは音声入力することなくキーボードの文字入力でSiriが利用できる機能だ。人前でSiriを使いたいけど、声を出すのは恥ずかしいといった場合はType to Siriをオンにすることをオススメする。なお、Type to Siriを利用するには事前に設定が必要になる。詳しい設定方法は以下の記事で詳しく紹介している。

    「iPhone X」の操作方法まとめ

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhone X / 8の人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー