2016-03-01 14:01:17
  • トップページ
  • iPhone 7の噂
  • iPhone 7、6.1mmの薄型・防滴ボディを実現か
  • iPhone 7、6.1mmの薄型・防滴ボディを実現か

    アップルが今秋に発売する見込みのiPhone 7 / 7 Plusでは、イヤホン端子の廃止による薄型化が噂されています。

    どれほどの薄型化が図られるのか気になるところですが、iPhone 6sから1mm程度の薄型化と、防滴を実現するかもしれません。

    iPhone 7、薄型・防滴ボディを実現。ステレオスピーカーを搭載か

    Macお宝鑑定団によると、iPhone 7では、メタルボディが引き続き採用され、縦幅・横幅のサイズは変わらないものの、ディスプレイ部・Lightning端子が薄型化されることで、iPhone 7のボディは1mmも薄くなるとのこと。

    KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuoが予想するように、iPhone 7はiPhone 6sと比べて、高さや幅は変わらず、液晶面側が1mm薄くなるようです。

    (中略)

    また、新しい複合材料を採用した防水仕様と言われていますが、これまで通り金属筐体が継続採用され、防滴レベルに留まると考えられます。

    引用元:KGIアナリストの予想通り、iPhone 7はiPhone 6sよりも1mm薄い? | Rumor | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

    iPhone 6sのサイズは、138.3×67.1×7.1mmなので、薄型化されるiPhone 7のサイズは138.3×67.1×6.1mmとなります。6.1mmの薄さは、6.9mmのiPhone 6を大幅に下回ってiPhoneシリーズ最薄。第6世代のiPod touchと同じ薄さになります。

    iPhone 7、6.1mmの薄型・防滴ボディを実現か

    iPhone 6で話題になったベンドゲート問題(後ろのポケットにiPhoneを入れたまま座ったり、両手で力を加えるとカンタンにボディが曲がってしまう)が気になりますが、iPhone 6sでは新素材となる7000シリーズアルミニウムを使用することでこの問題を回避しています。

    また、iPhone 6sに対して電池が持たないとの声も多いため、薄型化によるバッテリ容量が気になるところ。

    防水対応は防滴に留まる、iPhone 6sと同程度か

    これまでに噂されていたiPhone 7の防水対応は防滴に留まるとし、ステレオスピーカーの搭載や、iPhone 7はデュアルレンズカメラ非搭載になる、突起していたカメラレンズが本体と同一化する、Dラインとイヤホン端子が廃止になるといった情報も伝えています。

    なお、アップルは公式に謳っていませんが、これまで各所で実施された調査・検証から防滴レベルの性能はiPhone 6s / 6s Plusでも実現されていると言えます。

    iPhone 6s / 6s Plusの発売からまだ半年もたっていませんが、iPhone 7の具体的な情報は例年よりも多いような気がします。今年は、2年に一度の大幅アップグレードの年、iPhone 6s / 6s Plusの反応や販売台数はイマイチですが、iPhone 7には期待できそうです。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhone 7の噂の人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー