bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhoneの小ワザ、裏ワザ
  • 知ってる?iPhoneでカメラ撮影モードを自動変更しない方法
  • iPhoneでカメラの撮影モードを自動変更しない方法

    iPhoneのカメラでは「写真」「ビデオ」「スロー」「ポートレート」「スクエア」「タイムラプス」「パノラマ」といった多くの撮影モードが利用できます。

    ただ、変更した撮影モードは保持されず、特定のタイミングで「写真」に自動で戻ってしまいます。例えば動画を撮影して一度iPhoneをポケットにしまって、もう一度動画を撮影しようとすると「写真」に戻っているため、再度「動画」に変更していたらシャッターチャンスを逃してしまったということが多々あります。

    iOS 10.2」ではカメラの設定を保持できる項目が追加されたので撮影モードが自動で戻ってしまう事象を解消できます。

    iPhoneのカメラ撮影モードを自動で戻さない設定方法

    iPhoneのカメラ撮影モードを自動で戻さない設定方法

    まずは設定をタップしてから「写真とカメラ」に進みます。

    iPhoneのカメラ撮影モードを自動で戻さない設定方法

    続いて「設定を保持」を選択します。

    iPhoneのカメラ撮影モードを自動で戻さない設定方法

    一番上にある「カメラモード」のスイッチをオンにすると、撮影モードが自動的に「写真」に戻らずに、最後に使ったモードを保持することができます。

    iPhoneのカメラ撮影モードを自動で戻さない設定方法

    ちなみに、上から二番目にある「フォトフィルタ」のスイッチをオンにすると、「写真」「スクエア」で利用できるモノ・トーナル・ノアール・フェード・クローム・プロセス・トランスファー・インスタントといった8つのフィルタ機能を撮影モードと同じく保持することができます。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの小ワザ、裏ワザの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー