bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2015-04-06 18:08:29
  • トップページ
  • 格安SIM
  • mineo(マイネオ)、データ通信量の増量と専用アプリの提供を発表
  • マイネオ、データ通信量の増量と専用アプリの提供を発表

    格安SIMや格安スマホを提供する「mineo(マイネオ)」が5月1日よりデータ通信量を増量し、6月1日からは新コースの追加と専用アプリを提供することを発表しました。

    料金据え置きでデータ通信量が追加。500MBの新コースも提供

    5月1日に行われるデータ通信量の増量では、料金そのままでデータ通信量が追加されます。対象となるのは2GBコースと4GBコースでぞれぞえ1GBのデータ通信量が追加されます。ただし、1GBコースは対象外。

    また、6月1日にはデータ通信量が500MBの新コースが追加されます。料金は、データ専用プランの「シングルタイプ」が700円、音声通話にも対応する「デュアルタイプ」は1,310円になるとのこと。

    500MB1GB2GB→3GB4GB→5GB
    シングルタイプ700円850円980円1,580円
    デュアルタイプ1,310円1,460円1,590円2,190円

    データ容量の変更については提供前に申し込むことも可能で、4月25日までに変更すれば、5月1日より変更後のプランで利用できると案内されています。

    6月1日専用アプリの「mineoスイッチ」が提供

    新コースが追加される6月1日には、専用アプリの「mineoスイッチ」が提供されます。対応機種はAndroidとiOSで価格は無料。

    マイネオ、データ通信量の増量と専用アプリの提供を発表

    「mineoスイッチ」では、高速なデータ通信を利用できる基本データ容量の残量確認、当月の使用量の確認、高速データ通信のON/OFF機能などを利用することができるとのこと。

    ※高速データ通信をOFFにした場合は、通信速度が200kbpsに制限されます。

    ドコモ系の格安SIMは、4月1日にデータ通信量の増量を実施

    ドコモ系の格安SIMを提供する事業者の多くが4月1日にデータ通信量の増量または値下げを行いましたが、au系の格安SIMを提供するmineoは1ヶ月遅れての追従となるようです。


    au系の格安SIMを提供する事業者としては、KDDIグループのKDDIバリューイネイブラーが展開する「UQ mobile」がありますが、データ通信量の増量や専用アプリの提供など、mineoを追従する動きがあるのか注目したいと思います。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    格安SIMの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー