bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2015-01-27 12:31:25
  • トップページ
  • 格安スマホ
  • ソニー、格安スマホ市場にXperiaを投入か――販売価格は3万円程度に
  • ソニー、格安スマホ市場にXperiaを投入か――販売価格は3万円程度に

    低価格〜中価格帯のスマホが不振となり、今後はハイスペックモデルに注力するプレミアム路線を打ち出したばかりのソニーですが、2015年春にも格安スマホ市場にXperiaを投入すると産経新聞が報じています。

    旧モデルのXperiaをイオンモバイルで投入、販売価格は3万円程度に

    SankeiBizの報道によれば、ソニーはイオンと組んで格安スマホ市場に参入するとのこと。イオン向けに供給する端末は旧モデルのXperiaで、販売価格は3万円、利用料金は3000円程度になるようです。

    ソニーが格安スマートフォン分野への参入を検討していることが26日、分かった。流通大手のイオンと組み、早ければ今春に発売する方向だ。

    (省略)

    ソニーは「エクスペリア」シリーズの旧モデルを、イオンの各店舗で割安に販売する方向で最終調整している。料金は端末代の分割払いと通信費を合わせて月額3000円程度。端末価格は最新モデルの半額程度に当たる3万円台を想定している。

    引用元:ソニー、格安スマホに参入検討 イオンで割安のエクスペリア旧モデル販売 (1/3ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

    昨年は、イオンの成功をキッカケに様々な企業が格安スマホ市場に参入しており、今年は日本郵便も参入すると報じられています。イオンモバイルを含め、今年は勝負の年になることは間違いなく、日本通信はソニーから独立したVAIO株式会社と提携して安さとデザインを重視したオリジナルのスマートフォンを投入すると発表するなど、各社はラインナップの充実化に力を入れています。

    日本でも人気が高く、ブランド力のあるXperiaは、格安スマホ事業者からすれば、とても魅力的な端末ではあるものの、性能が高い反面、端末価格も高く、最新モデルを取り扱うことは難しかったものの、型落ちの旧モデルであれば「格安スマホ」として投入できると判断したものとみられます。

    また、今期は2000億円以上の赤字を見込んで、順調な高性能なモデルに注力し、低価格・低性能なモデルを削減する「プレミアム路線」を打ち出したソニーにとっても、新たなモデルを開発するのではなく、過去に開発したモデルを販売できるのであれば、利益を見込めると判断したのでしょうか。

    先に書いたとおりソニーから独立したVAIOも日本通信と提携して「VAIOスマホ」を発表・発売することが明らかにされており、低価格スマホ市場で熾烈な争いが繰り広げられることになりそうです。


    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    格安スマホの人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー