bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

携帯電話に私的録音録画補償金は適用されず。

ニュース
携帯電話に私的録音録画補償金は適用されず。
以前「iPodやPC、携帯電話などが録画補償金の対象に?」とお伝えしましたが、携帯電話やパソコンは「主な用途が録音・録画とはいえない」として課金の対象にはなりませんでした。

明らかに2重課金。携帯電話にかからなくても・・・。

フジサンケイビジネスアイ 総合/iPodも著作権料上乗せ 携帯は見送り 文化庁方針

この記事によると、文化庁ではDVD専用レコーダーなどの販売価格に、著作権料に当たる補償金を上乗せしている著作権保護制度の対象として「iPod」などの携帯音楽プレーヤーやハードディスク内蔵型の録画機器を加える制度改正案を決めたとのこと。課金する予定だったPCと携帯電話は主な用途が録画や録音とは言えず、課金の対象外としました。

とにかく良かったです。課金価格が商品価格の数%ということで高額な携帯電話では何千円と徴収される事になりますからね。

iPodやPC、携帯電話などが録画補償金の対象に?

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2020/10/23
YouTube Music、iOS 14のウィジェットに対応

iPhone 12

2020/10/23
iPhone 12、auは5G SIMに切り替えが必要。割引適用は店頭手続きのみ

ソフトバンク

2020/10/22
ソフトバンク、2020-21年の学割開始。6ヶ月間・月額900円から

iPhone 12

2020/10/22
iPhone 12シリーズ、購入検討で「12」がダントツ人気。5Gが最も魅力に
Recommendこんな記事も読まれています