bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ワイヤレス急速充電システムがさらに進化。

ニュース
非接触型急速充電システムがさらに進化。
1年前の「CEATEC JAPAN 2007」で展示された「ワイヤレス急速充電システム」が小型化・高性能化して今年も展示されています。

「ワイヤレス急速充電システム」とは、村田製作所とエプソンが共同開発している非接触型でバッテリーの充電時間を急速に行えるというもの。

充電時間はわずか10~15分という驚くべき性能を誇っています。

前年と比べてものすごく小型化されてます!

CEATEC JAPAN 2008:“置くだけ”で急速充電、2010年の量産化目指す――村田製作所とセイコーエプソン – ITmedia +D モバイル

この記事によれば、「CEATEC JAPAN 2008」にて村田製作所とセイコーエプソンが共同開発した「ワイヤレス急速充電システム」がCEATECブースで展示されているとのこと。

「ワイヤレス急速充電システム」は、セイコーエプソンの電磁誘導方式による電源供給技術と村田製作所の急速充電バッテリーを組み合わせることで実現されたシステムとなっています。

ワイヤレス急速充電システムは2007年でも展示されていましたが、バッテリーモジュールがクレジットカード程度の面積と、フル充電までの充電時間は15分間となっていました。そして、今年はそのサイズを大幅に小型化することに成功しデジタルカメラのバッテリーに近いサイズになり、フル充電までの充電時間は10~15分となりました。

バッテリーモジュールのサイズ比較は以下からどうぞ。
http://k-tai.impress.co.jp/cda/parts/image_for_link/195627-42100-2-1.html

説明員の話では、一般的な携帯電話の充電時の電力は500mA程度となっているが、ワイヤレス充電システムは3Aで充電することにより充電にかかる時間を大幅に短縮しているとのこと。さらに、今後は充電時間をさらに短縮することを目標の1つにしているようです。

少し問題だなと感じたのは今年世界を騒がせたリチウムイオンバッテリーを採用していることです。危険性が高いリチウムイオンを採用することをメーカーが牽制してワイヤレス急速充電システムを採用しないという動きは容易に想像できますよね。大変便利なシステムなのですが、さてどうなるか。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

楽天モバイル

2020/09/30
楽天、5G対応の独自スマホ「Rakuten Big」発売。カメラ内蔵ディスプレイ採用

楽天モバイル

2020/09/30
速報:楽天、5G料金プラン発表。他社よりも7割安い料金に

Pixelの噂・最新情報

2020/09/30
Pixel 5/4a 5G、またTwitterで公式リーク。新電池節約モードで電池持ちは最大48時間に

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ新社長、サブブランドについて「まだ何も考えていない」「慎重に検討」
Recommendこんな記事も読まれています