キャリア間でSMSの送受信を実現へ

Yusuke Sakakura

キャリア間でSMSの送受信を実現へ


NTTドコモやKDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルの5社は携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)のキャリア間接続の実現の検討に基本合意したと発表しました。

日本にはキャリアメールがあるからなー・・・。

キャリア間でSMSが送受信可能に――ドコモ、au、ソフトバンク、イー・モバイルが検討 – ITmedia +D モバイル

NTTドコモやKDDI、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルなどの5社はSMSのキャリア間の送受信実現について検討することの基本合意に達したと発表。詳細については別途発表されるとのこと。

SMSは、電話番号宛に全角50~70文字程度の短文を送信できるサービス。料金は送信側に発生します。

日本ではこれまでSMSがキャリア間で送受信できなかったために、キャリア間で送受信が行えるキャリアメール(iモードメールやEZwebなど)が発展しました。こういった経緯もあって日本ではすっかりキャリアメールがスタンダードになっています。SMSがキャリア間の送受信を行える様になったとしても発展するのかは疑問ですよね。

最大の壁はSMSを定額で使えない事ですよね。NTTドコモに至ってはSMSに無料通話分を補填することはできません。今後ここら辺の整備が行われるのか注目ですね。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています