2006年の携帯電話を振り返る

bio
Yusuke Sakakura

2006年の携帯電話を振り返る

2006年は色々とありましたこの携帯総合研究所も2006年に開設しました。そんなこともありまだ18年しか生きていませんが18年間で最良の年であったと思います。




そんな2006年ですが携帯電話にもソフトバンクの参入やナンバーポータビリティなど色々とありました。




2006年の携帯電話を振り返ってみたいと思います。






そういえばワンセグケータイ買ったけど使ってねーや(笑)


1月おサイフケータイ契約数が1000万突破(ドコモ)
2月VGA液晶搭載した904SH(ボーダフォン)
3月W-SIMが「特許権侵害」として訴訟提起を受ける(ウィルコム)
4月ワンセグ放送の開始 / ソフトバンクがボーダフォンを買収
5月AQUOSケータイ905SHが発売
6月ツーカーがサービス終了
7月W-ZERO3[es]発売
8月HSDPA対応のN902iXを発売(ドコモ)
9月各社MNP前の携帯リリースラッシュ
10月ナンバーポータビリティの開始
11月mp3再生対応のSO903iが発売
12月HSDPA対応の709SCを発売(ソフトバンク)



こういった感じでしたが本当に悩むぐらいいっぱいありました^^;
個人的に気になったニュースはナンバーポータビリティなんですがソフトバンクと他2キャリアの争いですかね。結果的にどの会社も公正取引委員会から注意を受けてしまうわけですが・・・




ってなことで今年1年間ありがとうございました。
来年は携研が1周年を迎えますので来年もまたよろしくおねがいしますm(_ _)m

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています