bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhoneも対応している900MHz帯はソフトバンクモバイルに割り当てが決定!ところで900MHzなにそれ?おいしいの?

ニュース
photo by fra.ps
ここ数年各キャリアが争奪戦を繰り広げていたプラチナバンドと言われる900MHz帯ですが、総務省がソフトバンクモバイルに割り当てると発表しました。
900MHz帯の”うまみ”とは。
そもそも今回の周波数帯の割り当ては、アナログテレビの終了により空いた周波数帯と800MHz帯の再編終了により、空いた周波数帯を再編するというもので、900MHz帯は800MHz帯の再編終了により、空いた周波数帯となっています。

そこで何故、各キャリアが欲しがるのかといえば、スマートフォンの普及によってインフラに頭を悩ませる各キャリアがトラフィック分散のために新しい周波数帯が欲しかったということと、700~900MHz帯の周波数帯には障害物を越えて電波が届きやすいという特性があるため。

ソフトバンクへの割り当ては妥当かな。
思い返せば、ソフトバンクは割り当てが決定する前から900MHz帯の基地局を設置するなどハイリスクな事をやってパフォーマンスをしたり、iPhoneの爆発的な普及でおそらくインフラ整備に頭を悩ませていたと思いますし、今回の総務省の判断は妥当かと思います。

電波干渉の課題あり。
iPhoneも900MHz帯には対応しているため、iPhoneでも電波状況が改善されるかと思いきや干渉問題という壁があるようです。(干渉問題はW-CDMAであれば起きないとのこと。)

iPhoneは仕様上では900MHzに対応帯しているが、日本国内ではNTTドコモが850MHz帯を使用しているため干渉問題が懸念されているためだ。

情報元:[16:22更新]【正式決定】プラチナバンド「900MHz」ソフトバンクが獲得、iPhone対応に課題も | ガジェット速報


ちなみに、800MHz帯は既にドコモとauに割り当てられていて、700MHz帯の割り当ては今夏に行われる行われる予定です。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ニュース

2019/06/18
携帯料金、今秋から違約金1000円・端末値引きは2万円までに規制へ

iOS 13

2019/06/18
「iOS 13」ベータ版をインストールする方法

スマホアプリ

2019/06/18
スマホアプリ「ドクターマリオワールド」の配信日が7月10日に決定

iPhoneの噂・最新情報

2019/06/18
2020年発売のiPhone、小型化の5.4インチモデル登場か
Recommendこんな記事も読まれています