bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

もう一つのプラチナバンドである700Mhz帯は3社で割り当て確実-日経報道

ニュース
Photo By mikecogh
障害物に強く電波の届きやすい900Mhz帯はソフトバンクモバイルに割り当てられ、7月末より提供開始となりますがもうひとつのプラチナバンドである700MHz帯はドコモ、KDDI、イー・アクセスの3社で割り当てが確実と日本経済新聞が報じています。
情報元:ドコモなど3社、割り当て確実 新規の携帯周波数  :日本経済新聞

障害物に強く電波がつながりやすい特性を持つプラチナバンドと言われるのは700MHz帯~900MHz帯とされています。

そのうち携帯電話事業者に割り当てられるのが700MHz帯と900MHz帯で、900MHz帯は2月にソフトバンクモバイルへの割り当てが決定しています。

今回、日経が報じた内容によれば4月11日に開催された電波監理審議会で700MHzは6月にも割り当てを決定する予定で、割り当て自体はドコモとKDDI、イー・アクセスへの割り当てを正式決定したととのこと。

ちなみに、900MHz帯の獲得でソフトバンクモバイル大勝利!といわれたのに、もう1つのプラチナバンドは3社に割り当てられることで、結局なんだったの?と思う人もいると思いますが、900MHz帯はソフトバンクモバイル1社に対して700MHz帯は3社に対して割り当てられるため、帯域的にはソフトバンクモバイルが有利なのは変わりません。

iPhoneも対応している900MHz帯はソフトバンクモバイルに割り当てが決定!ところで900MHzなにそれ?おいしいの?
ソフトバンク、900MHzの獲得で7月末からiPhoneを含む携帯電話において電波改善へ。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone 11

2019/09/18
再更新:iPhone 11/11 Pro、RAMとバッテリー容量が判明。中国の認証機関から

NTTドコモ

2019/09/18
ドコモ、下り最大3.2Gbpsの「5Gプレサービス」を20日から開始。試作機も公開

Apple Music

2019/09/18
Perfume、サブスク解禁。全曲聴き放題に

Android

2019/09/18
Google、AirDropのようなAndroidの共有機能「Fast Share」を開発中
Recommendこんな記事も読まれています