Appleのマルチタッチ特許に無効の仮判断が下る!

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:26

Appleのマルチタッチ特許に無効の仮判断が下る!


Photo By themonnie’s
米特許商標庁がAppleの保有するマルチタッチ関連の特許技術を再審査した結果、無効とする仮判断を下したことが明らかになりました。
CNETによれば、Appleが2008年4月に申請し、その後特許として認められたマルチタッチを実現するための1つの技術において米特許商標庁の再審査により無効の仮判断が下ったとのこと。

米特許商標庁の最審査において無効の仮判断が下されるのはバウンススクロール(末端までスクロールした際にスクロール方向と逆側にバウンドされるインターフェース)に続いて2度目になるようです。

場合によってはAppleだけでなく、スマートフォンの製造メーカーに大きな影響がある可能性もあるため、この特許技術がマルチタッチにおいてどれだけ重要なのかが気になるところです。
コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています