bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Google、アプリの広告に誤クリック防止策を導入。

ニュース

Googleがアプリに掲載される広告に誤クリック防止策を導入したようです。
情報元
Combating accidental clicks in mobile ads – Google Mobile Ads Blog

Googleが導入した誤クリック防止策はバナー広告をタップすると、本当に広告ページへ遷移するかどうかを確認するメッセージが表示されるというもの。

この防止策は「Confirmed Click」と呼ばれ、テキスト広告には既に導入されているもの。今回Googleは適用範囲を拡大したことになります。

アプリの開発者にとってはちょっと辛い話しかもしれませんが、確かに誤クリックでブラウザが立ち上がり、広告ページが表示されるというのはストレスを感じますからね。

現在はアプリのみ適用されているようですが、いずれウェブサイトの広告においても導入されるのかもしれませんね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています