bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

パナソニック、ドコモ向け2013年冬モデルの供給を見送りか

ニュース
パナソニック、ドコモ向け2013年冬モデルの供給を見送りか
先月、ドコモ向けの2013年冬モデルの投入を見送ると報じられたパナソニックですが、本日開催された決算発表会にて携帯電話事業が不振であること、事業の継続については近々に方向性を出さなくてはならないとコメントしたようです。

パナソニック、ドコモの2013年冬モデルは見送りか

日本経済新聞によると、パナソニックは本日開催した2013年4月〜6月期決算発表会にて、携帯電話事業は54億円の営業赤字(前年同期比でマイナス37億円)を記録したことと、事業の継続については近々に方向性を出す方針であることを明らかにしたようです。
パナソニックの河井英明常務は31日の記者会見で、NTTドコモ向けスマートフォン(スマホ)について「下期以降の新製品開発をどうするか、近々方向性を出さないといけない」と語った。ドコモが重点機種を2つに絞り込む「ツートップ戦略」を打ち出し、対象から漏れた同社のスマホは振るわない。今冬の新製品開発を取りやめる公算が大きい。

引用元:パナソニック常務「スマホ厳しい」 ツートップ戦略で劣勢  :日本経済新聞

NECは既にスマートフォン事業からの撤退を明らかにしており、パナソニックがドコモへの供給を取りやめることになれば、mova〜FOMA時代のシェアNo1、No2のメーカーが撤退することになります。

2013年6月度の契約状況を見る限り満足した成果は挙げられておらず、ユーザーの囲い込みに失敗し、メーカーさえも離れていったツートップですが、それでも一定の成果を挙げられたと評したドコモには疑問しか感じられません。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2019/12/12
iPhoneをiPodにするアプリ「Rewound」が公開

Appleニュース

2019/12/12
Apple川崎、オープン日に新トートバッグなど記念品を先着で配布

Pixelの噂・最新情報

2019/12/11
Google、Pixel向けの新アップデート「feature drops」発表

Pixelの噂・最新情報

2019/12/11
Google、Pixel 4の購入特典1.6万円分のクーポン配信開始
Recommendこんな記事も読まれています