2013年第2四半期に最も使われたスマホアプリはGoogleマップらしい!

bio
Yusuke Sakakura

2013年第2四半期に最も使われたスマホアプリはGoogleマップらしい!


Global Web Indexが2013年第2四半期に全世界で利用されたアプリを調査したところ1位となったのはGoogleマップだったそうですよ。

SNSアプリが6つもランクイン!

以下の画像が調査の結果となっています。1位はGoogleマップ、2位はFacebook、3位はYouTubeとなっています。


有名どころがずらーっと並んでいますが、1つだけ見慣れないWeixin/WeChatというアプリが結構上位にランクインしていますね。中国でめちゃくちゃ流行ってるチャットアプリだそうです。中国版LINEみたいな感じですかね。

主に中国向けに提供されているSNSアプリがTwitterをおさえて5位というがスゴい・・・。いかに中国のユーザーがスマートフォン市場で大きなシェアを持ってるかがわかります。

Whatsappは知っている人もいるかと思いますが、これもWeixin/WeChatと同じようなメッセンジャーアプリです。日本ではLINEが最も利用されていますが、ここにはランクされていませんね。国別のデータも見てみたいところです。

また、Googleマップに対抗するべくAppleは独自の地図アプリを提供したわけですが、ここを切り崩すのは相当難しいのかもしれませんね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています