bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

SIMロックフリーのiPhone × MVNO SIMで料金をどれだけ節約できるのか調べてみた

iPhoneの小ワザ、裏ワザ
SIMロックフリーのiPhone × MVNO SIMで料金をどれだけ節約できるのか調べてみた
ついに日本でもSIMロックフリーのiPhoneとしてiPhone 5sとiPhone 5cが発売となりました。一部のユーザーが待ちに待っていたSIMロックフリーのiPhoneには海外での通信費を抑えたり、既に契約しているSIMの使いまわしなど、色んなメリットがあるわけですが、やはりMVNO SIMでの使用による料金の節約が最も注目されているかと思います。

ということで、SIMロックフリーのiPhoneをMVNOのSIMで運用することでどれだけ料金を節約できるのか調べてみました

3つのMVNO SIMサービスをピックアップ

いまやMVNO SIMはサービスが多すぎて全てのものを調べることはできないので以下の3つをピックアップしました。各MVNO SIMの詳細についてはリンク先からどうぞ

3つの月額使用料金は以下のとおりです。
IIJmio
ミニマムスタートプラン
945円
U-mobile*d
ダブルフィックス
714円
日本通信
スマホ電話SIMフリーData
1638円

比較対象となるキャリアが提供するサービスの使用料金はこちらを元にしています

SIMロックフリーiPhoneとキャリアiPhoneの料金を比較!〜一括払い〜

まずは、キャリアから販売されているiPhoneを一括で支払う場合との価格差を調べたところ、毎月支払う使用料金では1ヶ月150円〜3000円強ほど節約できることがわかります。
ドコモau・ソフトバンク
新規・機種変MNP新規MNP機種変
ミニマムスタートプラン-1,620円-840円-2,975円-1,995円-3,565円
ダブルフィックス-1,851円-1,071円-3,206円-2,226円-3,796円
スマホ電話SIMフリーData-927円-147円-2,282円-1,302円-2,872円

ドコモは、iPhoneの販売価格が高い代わりに、毎月の料金から一定額を割引く「月々サポート」の価格を高く設定して、毎月の料金を安く抑えているため、MVNO SIMとの価格差はそれほど大きくなっていません。

端末の価格においてはドコモと比較した場合のみSIMロックフリーのiPhoneが安くなり、auやソフトバンクのiPhoneと比較した場合は数千円ほど高くなります。
ドコモau・ソフトバンク
16GB32GB64GB16GB32GB64GB
iPhone 5s-23,960円-13,960円-3,960円+3,760円+3,680円+3,600円
iPhone 5c-24,880円-23,960円+7,880円+8,800円

SIMロックフリーiPhoneとキャリアiPhoneの料金を比較!〜分割払い〜

SIMロックフリーのiPhoneは基本的に一括払いとなるため分割払いとの比較は参考にしにくいですが、一応比較してみました。

分割払いでは毎月の料金から一定額を割引く「月々サポート」「毎月割」「月月割」を端末価格に適用させているため、一括払いと比較すると毎月の使用料金が高く見えていますが、それでもキャリアのサービスに比べて1ヶ月4000円〜6000円も節約できるのは大きいですね・・・
ドコモau・ソフトバンク
新規・機種変MNP新規・機種変MNP
ミニマムスタートプラン-5,610円-4,830円-5,810円-4,830円
ダブルフィックス-5,841円-5,061円-6,041円-5,061円
スマホ電話SIMフリーData-4,917円-4,137円-5,117円-4,137円

端末価格については端末を2年間利用する場合は全キャリア、全モデルにてSIMロックフリーのiPhoneが高くなりますが、約10ヶ月〜16ヶ月ほどMVNO SIMを使い続けることで差額を0円にすることができます。
ドコモau・ソフトバンク
新規・MNP・機種変新規・MNP機種変
16GB32GB64GB16GB32GB64GB16GB32GB64GB
iPhone 5s71,800円71,000円71,640円71,800円71,480円71,160円57,640円57,320円57,120円
iPhone 5c60,800円71,800円60,800円67,000円57,560円57,640円

SIMロックフリーiPhone × MVNO SIMは確かに安いけど・・・

今回の比較でiPhoneの端末価格を考慮しても、SIMロックフリーのiPhoneとMVNO SIMの組み合わせが料金を安く抑えられることがわかりましたが、ドコモのiPhone 5s 64GBにおいてはSIMロックフリーとの価格差が+4000円程度で、毎月の料金もMNPの場合はMVNO SIMとの価格差は+200円〜1000円ほどしか変わっていません。

また、MVNO SIMでは1ヶ月のデータ通信量も低く、通信速度もキャリアのSIMと比較すると低速であり、どちらが安いかではなく、どちらがおトクか判断した場合にドコモのiPhone 5sを購入するという考え方もアリだなと思いました。

※キャリアが販売するiPhoneついてはクーポンを適用したり、各店舗が独自のキャンペーンを行うことで安く販売されていることも頭に入れておいた方が良いかと思います。

SIMロックフリー×MVNO SIMの組み合わせが必ずしも「おトク」とは限らないので自分の利用シーンを考えて購入することをオススメします。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2018/12/17
4日間限定、Apple IDに入金すると10%分をプレゼントするキャンペーン開始

キャッシュレス

2018/12/17
Origami Pay(オリガミペイ)の使い方を解説 始め方・使えるお店・支払い方法など

LINE Pay

2018/12/17
LINE Pay(ラインペイ)の始め方 カードの使い方やチャージ、支払いまで全まとめ

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)の使い方 QRコード支払いや割り勘も
Recommendこんな記事も読まれています