モバイルナンバーポータビリティ春の陣を制したのは?

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:22

モバイルナンバーポータビリティ春の陣を制したのは?


モバイルナンバーポータビリティ制度が開始されたのは去年の10月24日。MNP開始直後のMNP冬の陣を制したのはauでした。

当初から「auが1人勝ちするのではないかと」予想され、まさにその通りにたった6日間で10万人のポータビリティに成功し、圧倒的な力で冬の陣を制しました。結果的にauはドコモとソフトバンクから5%のシェアを奪うことになったのです。これに黙っているわけがないドコモとソフトバンク。果たしてMNP春の陣の結果は・・・。
2月にMNPを利用した契約者数は、NTTドコモが-7万4200人、auが+9万9600人、ツーカーが4900人、ソフトバンクモバイルが-2万600人となり、2月のMNP商戦はauの1人勝ちとなった。

3月にMNPを利用した契約者数は、NTTドコモが-11万700人、auが+15万4800人、ツーカーが-6500人、ソフトバンクモバイルが-6500人となり、3月においてもauの1人勝ちとなった。


モバイルナンバーポータビリティ春の陣を制したのは、またしてもau。auは24万9800人をNTTドコモ、ソフトバンク、ツーカーから奪うことに成功し、逆にNTTドコモは18万4900人のユーザーを流出してしまいました。

また同期間の各キャリアの契約者数は、NTTドコモが40万200人、auが75万4400人、ソフトバンクモバイルが24万8000人となっています。

累計は、NTTドコモが5262万1100人、auが2818万8300人、ソフトバンクもバイルが1590万8500人となっています。

情報元:TCA(電気通信事業者協会)

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています