bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

楽天、無料通話アプリ「Viber」を買収ー通話料が1/4となるプロモーションを実施

ニュース
楽天、無料通話アプリで有名な「Viber」を買収ー通話料が1/4となるプロモーションを実施
楽天が無料通話とメッセージ機能を持つアプリ「Viber」を買収したと発表しました。

楽天グループは昨年、通話料60%オフ(各携帯電話事業者との比較)のIP電話サービス「IP-Phone SMART」と一部の場合を除いて通話料が半額になる「楽天でんわ」を発表しています。

通話料が約1/4となるプロモーションを実施

楽天は「Viber」の買収と共に、日本向けのプロモーションとして固定電話への通話料を無料、携帯電話への通話料を10円/1分で提供することも明らかにしています。提供時期や一時的なものになるか、などの詳細はわかっていません。
日本向けのプロモーションとして、固定電話に対する通話を無料、携帯電話への通話も1分あたり10円の通話料でかけられるようにすると発表した。プロモーション期間などの詳細は現時点で発表されていない。

引用元:楽天、無料通話アプリ「Viber」を買収 – 固定への無料通話プロモーションも | マイナビニュース

ドコモやau、ソフトバンクなどが提供する音声通話サービスの主な通話料は21円/30秒となっており、楽天が提供する10円/1分の通話料は約1/4となります。

また、昨年発表された「楽天でんわ」の通話料は10.5/30秒となっていますが、それと比較しても半額となるため、通話料を大幅に節約することができそうです。

ちなみに、昨年12月に朝日新聞が「楽天でんわ」に無料通話機能が追加提供されると報じており、今回の「Viber」買収に伴って「楽天でんわ」にIP電話機能が追加され、無料通話の利用も予想できます。

ソフトバンクは、今年1月に音声通話が準定額となるプランを発表しており、ドコモについても月額1000円程度の音声定額プランを用意していると報じられており、ドコモ副社長の坪内氏は「いずれ導入しなければならない」とコメントするなど、今年は音声通話周りで大きな動きがありそうです。

2013年はデータ通信を安く抑えることができるMVNO SIMにて激しい競争がおきましたが、2014年は音声プランで同じような動きが見られるかもしれません。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2019/04/24
LINE Pay、本人確認が最短数分で完了する新機能を5月に導入

キャッシュレス

2019/04/23
メルペイにあと払いが登場。翌月にコンビニやATMで支払い可能に

スマホアプリ

2019/04/23
+メッセージ、公式アカウント提供へ。レストラン予約や住所の一括変更など可能に

LINE Pay

2019/04/23
iOS版「LINE Pay」アプリの配信開始。超Payトク祭りの上限額が1万円に
Recommendこんな記事も読まれています