bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

イオン、端末代込みで月額2980円の格安スマホを4月より販売へ

SIMフリー/格安スマホ
イオン、月額2980円(端末代込み)の格安スマホを4月より販売開始Photo By minato kaidou
イオンが4月4日より通信費と端末代込みでスマートフォンを月額2980円で販売するようです。

これまでもイオンではスマホを低価格で利用できる「イオンSIM」を販売していましたが、端末とセットで購入したいという顧客からの要望に答える形で今回の決定に至ったようです。

Nexus 4と日本通信のMVNO SIMが月額2980円に

イオンが月額2980円で売り出すのは、1年4ヶ月前にGoogleとLG電子が販売した「Nexus 4」と月額1560円の日本通信が提供するMVNO SIMになるようです。
端末は米インターネット検索大手グーグルと韓国LG電子が開発した「ネクサス4」で、本体価格は3万4080円。24回払いの月1420円と基本料とネット定額を1560円にした携帯電話用ICカード「SIMカード」を組み合わせる。

引用元:イオン 低価格スマホ参入 ネット接続料含め月額2980円 – SankeiBiz(サンケイビズ)

料金の内訳としては、本体価格3万4080円のNexus 4が月額1420円、毎月の利用料金は月額1560円となります。また、契約期間に縛りは設けず、本体価格の残額のみを支払うことで解約できるとのこと。

月額1560円の通信費はドコモやau、ソフトバンクが提供するプランと比べると”格安”となりますが、データ通信速度は200kbpsと10~100Mbpsを計測するLTEよりもかなり遅いものになります。

また、日本経済新聞によれば、20円/30秒で音声通話も利用できるとのこと。
月1560円とした「SIMカード」をセットにし、月々の負担総額を2980円に抑える。通話料金は30秒当たり20円が別途かかる。

引用元:イオンが格安スマホ 端末・回線、月2980円  :日本経済新聞

イオンではこのセット販売をまずは8000台限定で販売し、売れ行きをみて追加販売を検討するようです。

ライトユーザーに魅力的な”格安スマホ”

通信速度は200kbpsということで動画やピクセル数の多い画像などのリッチコンテンツを閲覧するのは厳しくなりますが、TwitterやFacebookなどのテキストベースのコンテンツであればストレスを感じず楽しむことができると思います。

また、端末はメーカーが手を入れていないNexus 4ということで操作難などは考えられるものの、ネットやメール、LINEなどの利用がほとんどで動画やテザリングなどLTEの高速な通信速度を必要としていないユーザーに月額2980円でスマホを運用できるのは非常に魅力的なものになるのではないでしょうか。

このセット販売がヒットすることになれば、イオンだけでなく既にMVNO SIMを販売する他の量販店が同じようにセット販売を行う可能性もあるかと思います。

スペックを重視する日本の携帯電話市場で格安スマホが普及するキッカケになるのか注目したいと思います。

【2014/03/31 12:35 更新】
初出時、4月1日販売と記載していましたが予約受け付けが4月1日、販売開始が4月4日の誤りでした。お詫びして訂正いたします。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2018/10/23
1つの電話番号を2台で共有できる「ワンナンバーフォン」の発売日は10月26日に

iPhone XR

2018/10/23
Apple幹部、iPhone XR・XSの名前について“特に意味はない”とコメント

iPadの噂・最新情報

2018/10/23
新型iPad Pro、最新の噂をまとめたレンダー画像が登場

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/10/22
iPhoneの通知を一時的に非表示にする「おやすみモード」の使い方
Recommendこんな記事も読まれています