次期「Android 10 Q」、アプリのダウングレードが可能に?

Android

次期「Android 10 Q」、アプリのダウングレードが可能に?

Googleが開発中とされる次期「Android 10」に搭載されるであろう新機能が連日報じられている。

ダークモード、3D顔認証、画面録画(スクリーンレコード)など数々の魅力的な機能が提供される可能性がある。その魅力的な機能のなかにはアプリのロールバックも含まれるかもしれない。

アップデートのバグをロールバック機能で解消可能に?

XDA Developersは、リバースエンジニアリングツール「JEB Decompiler」を使用してAndroid Qのソースコードを抽出し、将来的に提供されるであろう新機能の数々を明らかにしてきた。

今回もデコンパイルされたソースコードからアプリのバージョンをアップデート前に戻すことができるロールバック機能を示唆するいくつかの権限とコマンドを発見したと報告している。

発見されたのはPlayストアなど限られたアプリが他のアプリのロールバックを許可してバージョンをダウングレードできる2つの新しい権限(”PACKAGE_ROLLBACK_AGENT”、”MANAGE_ROLLBACKS,”)と、アプリのバージョンが戻されたことを判断できる2つの新しいブロードキャストイベント(”PACKAGE_ENABLE_ROLLBACK”と”PACKAGE_ROLLBACK EXECUTED,”)。

さらに、ADBのpm installコマンドにおいてロールバックを許可する”–enable-rollback”フラグも追加されているとのこと。

知ってのとおり現在のAndroidでは特定のアプリを除いてアプリのバージョンを元に戻す(アップデートのアンイストール)ことはできない。前のバージョンに戻すにはTitanium Backupなどroot化が必要なサードパーティのバックアップ/リストアツールを利用するか、ネットに転がっている野良アプリをインストールする必要がある。いずれも危険性のある方法だ。

開発者が誤って不完全なアプリをストアに公開してアプリが利用できなくなることは稀にだが存在する。そんな時はロールバック機能が役に立つはずだ。「アップデートでアプリの使い勝手が変わったから旧バージョンを使い続けよう」といったこともできなくはないだろうが、バージョンチェックによって起動できなくなる可能性が高い。

目に対する刺激を軽減し、省電力性も優れるダークモードiPhone XSのような3D顔認証、画面録画への対応が噂される「Android 10」は現地時間5月7日に開幕する開発者向けのイベントGoogle I/O 2019でお披露目される可能性が高い。また、近年の傾向から3月には開発者向けにデベロッパープレビューが提供されるはずだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Twitterニュース

2021/02/26
Twitterで収益化。月500円の投げ銭“スーパーフォロー”発表

NTTドコモ

2021/02/25
ドコモ社長、ahamoの値下げ「やらない」と明言。先行申込は150万超

au

2021/02/25
au、新プラン3月1日開始。最大2,070円値下げ、Netflixも価格改定

au

2021/02/25
auショップ等、LINE設定やデータ移行に2000円。有料の店頭サポート開始
Recommendこんな記事も読まれています