Android Q Beta 2が配信開始。Beta 1の不満点を多数改善

bio
Yusuke Sakakura

Android Q Beta 2が配信開始。Beta 1の不満点を多数改善

4月4日、Googleが2019年第3四半期に正式配信を予定している次期「Android Q」のベータ2版と最新のSDKを公開した。

ベータ2版と最新のSDKには、バグの修正および最適化、APIのアップデートに加え、昨日配信がスタートした2019年4月のセキュリティアップデートも含まれている。

アプリスイッチャーのジェスチャー操作が変更

ベータ2版にアップデートすると、初版で不評だったスクリーンショットへのノッチ反映がキャンセルされ、左から右に強制変更されていた通知を消す際のジェスチャー操作において、Android 9 Pie以前と同じように右から左も選べるようになった。

また、アプリを切り替える際のジェスチャー操作も変更された。これまではホームボタンを左右にスライドしてそのままキープすることで、ページをめくるようにアプリを切り替えることができたが、キープが削除されたことで、連続的にページをめくることができなくなり、良くも悪くも操作感がiPhoneに近づいた。

新しいアプリスイッチャーのジェスチャー操作

音楽の通知パネルには再生位置を変更できるシークバーが追加。画像の共有時にはシェアシートに小さなプレビューが表示されるようになるなど細かい改善も実施されている。

また、待望の画面録画機能は残念ながらベータ2版でも正常に動作しない。戻るボタンは幸いにもまだ削除されていないようだ。

さらに、Android Developerで公開された変更内容によると、Beta 2には新機能「バブル」が追加され、“より厳重になったプライバシー保護”が新たにインストールするアプリに対しても有効になったとのこと。

新機能「バブル」は起動しているアプリの上に泡のように表示できる機能で、例えば、メッセージアプリをバブル表示することでコミュニケーションを取りながらチェックリストを確認するといったことが可能になるようだ。

Android Beta 2 - BUBBLE

また、Android StudioではSamsungの「Galaxy Fold」、HUAWEIの「Mate X」といった折りたたみ式のデバイスを想定したエミュレーターも追加されている。

Android Beta 2 - Foldable Emulator

より詳しい内容は以下のまとめ記事に追記する。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています