Apple、新型HomePod(第2世代)を発売。44,800円で復活

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2023/01/19 17:46

Apple、新型HomePod(第2世代)を発売。44,800円で復活

Appleが第2世代の新型HomePodを発表しました。2年前に生産終了となったフルサイズのHomePodが復活します。

今日からApple公式サイトおよび公式アプリから注文が可能。販売価格は44,800円。発売日は2月3日です。

HomePod(第2世代)は継ぎ目がなく、通り抜ける音を遮らないメッシュ生地を使用したボディに、全面が光るバックライトのTouchサーフェスを搭載。

前世代から見た目に大きな変化はありませんが、TouchサーフェスのバックライトがHomePod miniのように端から端まで光るようになったことで、Siriが応答しているのかわかりづらかった問題が改善されます。

カラーはホワイトと、100パーセント再生メッシュ生地で作られた新色のミッドナイト(前世代はスペースグレイ)が用意。本体から伸びる編み込み電源ケーブルは同色で統一されています。

Apple、新型HomePodを発売。44,800円でフルサイズが復活

スピーカーはツイーターが7つから5つに減少し、マイクも6つから4つに減少し、本体の重量は2.3kgに軽量化されています。チップは前世代のA8チップ、HomePod miniのS5チップからS7チップに変化しています。

新たに対応したサウンド認識(今春にソフトウェアアップデートで追加予定)によって煙と一酸化炭素の警報音を聞き取り、iPhoneやiPad、Apple Watchに通知することで、火事などの発生をいち早く知らせてくれます。

さらに、室内の温度と湿度を測定する機能にも対応。部屋の温度が30度になったらカーテンを自動で閉めるように、オートメーション機能を設定することも可能。新しいスマートホームの接続規格Matterにも対応したことで、さらに多くのデバイスと接続することができます。

前世代のHomePodでも対応していた室内検知テクノロジーにも対応。

設置環境を把握してサウンドをリアルタイムに調整。精密な方向制御を実装したビームフォーミングツイーターがメインボーカルのサウンドは部屋の中心に直接出力し、バックバンドのような音は壁に反射させて包み込むように音を届けます。

空間オーディオに対応した楽曲では違いの差はされに歴然で音楽に囲まれる感覚をかつてないレベルで体験できるとのこと。

ほかにも複数のHomePod、HomePod miniを所有していれば、複数のスピーカーで同じ曲を再生したり、内線機能「インターコム」を使ってリビングのHomePodから子供部屋に音声メッセージを送信することもできます。

再生中の楽曲や音声通話をHomePodに引き継ぎたい時はiPhoneをHomePodに近づけるだけ。HomePodは最大6人までの声を認識するため、家族に応じたプレイリストやリマインダー、カレンダーにイベントを追加できます。

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています