HomePod mini、18W充電器に一部対応。モバイルバッテリーでも動作

bio
Yusuke Sakakura

HomePod mini、18W充電器に一部対応。モバイルバッテリーでも動作

Appleが11月16日に発売したコンパクトスマートスピーカー「HomePod mini」

動作仕様として20W以上の電源アダプタが必要でワット数が足りない場合はステータスランプがオレンジ色に点灯して動作しなかったが、12月15日に公開されたiOS 14.3のソフトウェア・アップデート後に18Wの電源アダプタでも動作可能になった。

特定のプロファイルを備えた18W電源アダプタに対応

Redditで18Wの電源アダプタでもHomePod miniが動作したとの報告が複数投稿されている。自身のHomePod miniでもiPhone 11 Proのパッケージに同梱されていた18Wの電源アダプタで動作することを確認した。

なかにはモバイルバッテリーでHomePod miniが動作することを確認したユーザーもいる。

モバイルバッテリーでも動作するHomePod mini

モバイルバッテリーとHomePod miniを組み合わせることで、ポータブルスピーカーとしても利用できるためキャンプなどでも活躍しそうだ。Wi-Fiが利用できない環境でもAirPlayを使うことでiPhoneやiPadから曲を転送して、より良い音質と最適な音量で曲を再生できる。

ただし、Redditでの投稿を最初に拡散したTHE 8-BITは、出力が18W以上でも特定のプロファイルを備える電源アダプタでない限り、HomePod miniは動作しないと説明している。

AppleもiOS 14.3の公開後に更新したサポートページで電力不足の場合は「HomePod mini に付属していた 20W (9V ⎓ 2.22A) の電源アダプタを使っているか確かめてください。」と案内しているため、18Wの電源アダプタで動作したらラッキーぐらいに思っておいた方が良さそうだ。

HomePod miniのソフトウェアバージョンは以下の手順で確認できる。

操作手順
  • 1. ホームアプリを起動
  • 2. 画面左上の家のアイコンをタップ
  • 3. 「ホーム設定」を選択
  • 4. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  • 5. “アクセサリはすべて最新です!”と表示されていることを確認する

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています